So-net無料ブログ作成
検索選択

まんが日本昔ばなし 夜中のおとむらい [動画]

まんが日本昔ばなしから、山形県の鶴岡市に伝わる「夜中のおとむらい」というお話です[モバQ]
子供向けにしては怖すぎる、トラウマになるかもってぐらいゾゾゾとくる話です[がく~(落胆した顔)]

大場宇兵衛(おおば うへい)という侍が、寄合から帰る途中、ある弔いの行列に遭遇して・・・




nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

nice! 7

コメント 10

selene

怖いですね~、観ていてきっと、自分のお弔いを見たんだろうなというのがわかったのですが、実際もし、自分の葬式を見たら、絶対に気になってそれから眠れなくなりますね。

常田富士男さんの絶妙な語り口が懐かしい・・・。
「まんが日本むかしばなし」はいつも子供が小さい頃観てましたが、テーマソングの「にんげんっていいな」はずっと次女のカラオケの十八番なんです。(笑)

懐かしい動画をありがとうございました。うちの子がみたら絶対に眠れないと思います。
by selene (2011-03-09 19:02) 

としぼう

異なる時空が何かのいたずらでクロスしてしまった、のですかね?
あるいは強烈な予知。
そういうものが確かにあるから「昔話」になっているわけだろうし・・・・

「まんが日本むかしばなし」はとっても楽しみでした。
2話というのがなんとも丁度いい加減でした。なつかし~^^


by としぼう (2011-03-09 19:37) 

きゅきゅ

子供向きにしてはなかなかブラックですね~。
私も自分のお弔いを見てみたいです。

by きゅきゅ (2011-03-09 20:28) 

ままみ

sakoさん、ありがとうございます!
怪談など基本怖いのが苦手なのですが、たまには見たいという気持ちになります(笑)^^;
この番組が始まったのはもう小5くらいからでしたので、見たいという程ではなくどちらかと言えば退屈といった感じだったのです。

しかし結婚してから主人が朝の再放送の時ビデオに録画してたので見ていると、それまでの認識と違い、味があって本当に良い番組だと思えるようになったんです。
ほのぼのした笑い話、教訓っぽい話、怖い話とあって、とても奥行きを感じますね。

絶妙な語り口で、どんな役でもお二人でこなしてしまう。
このアニメは日本人の心のふるさとという気さえしてしまいます。
小さい子に見せたいという要望が高まりこのたびDVD化されるそうです。

by ままみ (2011-03-09 23:42) 

ままみ

としぼうさん、ありがとうございます!
まるでタイムマシンみたいに時空間がクロスしてしまったという感じですね^^;
近々亡くなる予定の方は半分あの世に行っているという話もありますので、実際こういった事もありえるのかも知れません。
名前といい鶴岡市といい何かリアルですし・・・

こういった予知夢は見たくないですね~~^^;
楽しい事ならワクワクして良いけれど。。
やはり私も懐かしいです。
大人視点で見てさらにこの番組の良さに気付いたという感じです。
一話の長さも丁度良い感じで、クレヨンしんちゃん、サザエさんなど長寿番組は2話タイプが多い事に気が付きました^^☆

by ままみ (2011-03-09 23:51) 

ままみ

きゅきゅさん、ありがとうございます!
きゅきゅさんは勇気ありますね!!@@
ビビリの私にはちょっと無理です・・・
しかし誰しもいつかはお葬式の主役になる訳で、覚悟を決めればそんなに怖がることではないのかも知れません。。。
でもやはり気持ちの良いものではないですね^^;

by ままみ (2011-03-09 23:54) 

VIPに変わりましてイカ天娘がお送りします♪

実際にあった話しをモチーフにしてるのでしょうか。なかなか良い作品だと思いました。
by VIPに変わりましてイカ天娘がお送りします♪ (2016-03-22 14:38) 

VIPに変わりましてイカ天娘がお送りします♪

田中貢太郎さんの作った作品の「葬式の行列」なのか、澤渡吉彦さんの作った作品「夜中のお弔い」なのか、どっちなんですかね~。
by VIPに変わりましてイカ天娘がお送りします♪ (2016-03-22 14:55) 

ままみ

何年も前の、しかも削除されている動画のご感想を頂くとはお返事に困ってしまうのですが、とりあえずコメントありがとうございます。

どちらなんでしょうね。
機会があれば本からの恐怖も味わってみたいと思います。
by ままみ (2016-03-26 23:01) 

ままみ

これを書いたのは、東日本大震災の前々日、
次の記事(不屈の日本)を5年ぶりに読み直すきっかけになりました。
大災害の後、リアルタイムでこんな事思っていたんだと、しばし感慨に浸り、
のど元過ぎればなんとやらになってはいけないと感じさせて頂きました。



by ままみ (2016-03-27 01:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: