So-net無料ブログ作成

ぬくぬくした4室 [ハウス]

ままみの4室には現在木星が通過していますが、4室の象意とする所が肯定的に拡大されて、より意味を強めています。
4室に天体が集合している方の鑑定も続いたので、ちょっと考えてみたくなりました。
そうかな?と思われても、ひいき目に書いている所はご理解下さいね。

4室は家庭、心を許しあえる間柄の人間関係、生誕地など生まれながらに繋がりの深い場所、お互い分かりあって腹を出して無防備に寝れるところ、犬や猫がお腹を出してごろんとしているような、安心して全てをさらけ出せる相手。
言うなれば、ぬくぬくしたイメージのある場所なのです。
人生では保護が必要な幼少期と晩年を表し、どちらも布団に入っている時間が多いようなイメージ、あちらの世界に近い年代である事も見逃せません。
ハウスの流れとしては、あれこれ興味の赴くまま放浪の旅に出かけてしまい、帰る場所がなく心細くなりかけた双子座が、ICでやっと暖かい明かりを見つけ、家に辿りつけたのが蟹座の4室と言えると思います。
この家の仲間たちは、仲間に入るため一度自己喪失をし、固体的な意識は捨て去り、集合体としての意識を確認し合い、みな共通した気持ちを持っている事にとても安らぎを見出しています。
人は一人では生きていけない、存在自体を肯定し受け入れてもらえる、そんな場所や繋がりを欲しているのです。
4室のベースは共感が基本です。
自分が属する集団への愛情が豊かなのは、共感して同じことを考えてくれる仲間と言った認識があるからです。
同じ事を考えてくれる人、そうでない人の区別ははっきりしていますので、そうでない人には排他的になります。
これは、7室の外面的な人間関係や、8室の密室的で閉鎖された人間関係とも違っています。
他人から始まって一体化する8室とは良く似ていると思いますが、4室には、出生にまつわる縁故やルーツ、血縁的な要素が強いのです。

家庭は、野心的なものや進歩性とはかけ離れた場所かも知れませんが、平凡な毎日が続くような退屈な場ではあっても休息し、そこから生きる活力エネルギーをチャージするのでしたら、これほど重要な場はないでしょう。
4室は、社会的には軽視されがちですが、生活の基礎、人生の基盤を示し、何かあったら逃げ込める最後の足場、砦とも言うべき所です。

ここに重要な天体があると共感力が強いため、相手の気持ちと同化しやすく、嬉しい事も悲しい事も、気持ちが入ってしまう優しい人が多いです。
人の痛みを自分の痛みとしても感じてしまう、とても涙もろい方もいるでしょう。
また全く悪気なく、おせっかいな人もいるかも知れません。
面倒見の良い、昔の世話やきおばさんなどは4室的だと思います。
隣にどんな人が住んでいるのか分からないような都会暮らし向きではないし、田舎ののんびりした、ご近所同士の勝手知ったるといったムードに落ち着きを覚えるのではないでしょうか。
殺伐とした雰囲気やよそよそしさに耐えられず、あなたと私の仲じゃないのと、腹を割って打ちとけ合う事を望みますし、昔ながらの地域のコミュニティー、地縁、血縁を大切にするでしょう。
他人に無関心な現代社会の中では、寒々しく居心地悪く感じるはずです。

4室は一番底の、これ以上、下がない所にあって、自らも低い位置にいて相手を立てる方へ甘んじる事が出来ます。
和み系、癒し系で威圧感がなく、人に安心感を与えるムードの人が多いはずです。
その代わり表だってない所で糸を引き、周囲の人間関係に熟知し掌握しているような方もいると思います。
家庭でも、家族の幸せが自分の幸せ、美味しい物があれば、家族に食べさせて自分も満足するような、母親のような気持をいつまでも失わないでしょう。
めんどくさい掃除や洗濯、家事にもいそしむ事が出来るのは、自分を幸せにしてくれる家族の存在がとても嬉しいからです。
大好きな家族の幸せな顔を見たいから、家族を守るためなら、どんな敵とでも戦おうとするでしょう。
蟹座が感情的になって暴れる主なケースは、愛するものの存在を必死に守ろうとするためである事が多いと思います。

ハウスは生き方や場所、天体はエネルギーや主体性ですので、4室に吉星がある人は、こういったアットホームな生き方に対し肯定感を持ち、心地良く感じるでしょう。
凶星がある人は、家庭や地域的な繋がりと言った事に、何らかの否定的な感情や欠落感を持っている可能性もあると言った対比になると思います。
4室に太陽などあれば人生のテーマとして目指そうとしますが、もちろん現実に恵まれているかどうかは、他の星の配置などによって違っている事もあり、凶座相の場合不満を持ちやすいでしょう。
土星などがある場合、育った家庭にコンプレックスを感じていた方も多く、成長して独立したり結婚してから、理想の家庭作りを目指そうとします。
しかしそういった場合も、自分が親の年齢になる頃、親の立場になって自分が育ってきた家庭の事も理解するようになり、わだかまりも薄くなるはずです。
そして家庭は、くつろげる場である事から、お互いがつい我儘になりがちですが、家族がうっとうしい、あまり恵まれている感じがしないと思っている方でも、自立して一人暮らしを始めたり、家族が病気になったりすると、それまで当たり前と思っていた存在にありがたみを感じ、思いに変化が起きて、かけがえのない家族を大切にしたいと思われる方も多いでしょう。

また家族と団結したり、一緒に生活する事が苦痛な方もいると思いますが、その場合でも4室が強ければ、やはり家族以外の集団や、帰属する心の拠り所を見つける事にエネルギーを注いでいる事が多いようです。
そして、安息の場であるはずの拠点に、極端性や異変などを表す冥王星があれば、やはり厳しい体験をしがちなのではないかと思います。
4室は月、蟹座との関連がありますので、月にハードなアスペクト、蟹座の天体に冥王星との凶角を持つ場合も、同じ事が言えるでしょう。

またチャートの持ち主から観た人物が、どこのハウスに入っているかによって、どのような生き方をしているか読めますが、太陽が4室にある場合は、やはり腰が低めで優しく家庭的な父親や夫が、家の中にいると言う配置です。
吉座相の場合、家でのんびりくつろいていたり癒しの存在になっている事が多いですし、凶座相の場合、何らかのトラブルがありそうです。
月が天王星と合して10室にあり、4室の太陽とタイトに180度と言う配置を持った方は、両親が反目し合い、バリバリ働く母親が、気弱な父親を見下しているのが辛かったと言われていました。
太陽と月の120度の関係は、和気あいあい、お互いを理解しながら助け合っていける図ですし、合している場合は、仲良く寄り添っているような図です。
合している太陽と月では、どちらか先に進んでいる方へ後から付いていく天体の方が、エネルギーを取られ犠牲になるとも言われていますが、意志を一致させたご夫婦で、尽くす事も厭わないタイプでしたら、あまり不満も出ないのではないかと思います。


DSCN7110.JPG


nice!(4)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

nice! 4

コメント 31

うみ

ままみさんこんにちは♪お久しぶりです(*^.^*)
たまに、ちょこちょこ覗かせてもらっていました。

4室についてはずっと興味がありました。
自分の4室には、蠍座で木星・冥王星・ドラゴンヘッド とあり、
ICについては3ハウスの天秤座金星と合してます。
自分の世界といいますか、アットホームな、ホッとできるような場所があるっていうのが、すごく大切で、それがベースにもなっているような気がします。
4室というのも、本当に蟹座的で、深くて温かい雰囲気を感じますね。

ちなみに、私のホロスコープを見ると、
それぞれのハウスに、ナチュラルサインがありますが、どのハウスにも、私が持ってる星が、ナチュラルハウスと同じエレメントになっています。
(3ハウスのナチュラルサインが双子座で、私の天秤座金星が3ハウスで、同じ風のエレメントなど、、) 全部のハウスがこうなっているんですが、
それはあまり関係ないんですかね、、? それか、ピッタリ一致しやすいみたいな意味が出てくるのでしょうか、、?

by うみ (2012-11-21 17:52) 

キョウコ

ままみさん、こんにちは。
4室のお話参考になります。
お家がほっこりあたたかい雰囲気というのにとても憧れがあります。
実際の生い立ちでは4室に凶星がいるので、全く家庭的ではありませんでした。
唯一の救いは母と一緒に居れたことでしょうか。ホッと出来る場所は母の側だけだったので。これも4室に金星がいてくれたことが助けになっていたのでしょうね。月とはスクエアですが・・・。
月と太陽は120度なのでこれからは夫婦で協力しつつ、4室凶星の別の使い方が出来てコントロール出来るようになって、ぬくぬくした家庭を作れたらいいなーって思っています。まだ使い方がわからず試行錯誤ですが・・・。
by キョウコ (2012-11-22 12:44) 

ままみ

うみさん、コメントをありがとうございます!

うみさんの4室は、木星・冥王星・ドラゴンヘッドがあるのですね。
富と権力を握っているような、大物感漂う人がご家族にいそうな感じです。
そして、そのような家庭に、未来の可能性の糸口が開かれている様な配置ですね。
ICと金星合も、お家で金星的な事を発揮しやすいと思います。
きっと愛ある家庭を作られるのでしょう。

4室的なものは普段あって当たり前に感じてしまいますが、無くなったら一番辛く感じますし、リカバリーする場がもし消えると生存さえ脅かされます。
日常にある、ゆるぎない足元ほど、かけがえのないものはないのかも知れませんね。

1室獅子座2室乙女座という風にハウスとエレメントが一致している場合、やはり火に共通した行動力、風が持つ知性といった事がそれぞれでストレートに発揮し易いと思います。

by ままみ (2012-11-22 16:05) 

ままみ

キョウコさん、コメントをありがとうございます!

4室に凶星と吉星が同居している場合、悪い事ばかりでなく助けもちゃんとあると言う事なのですね。
キョウコさんは、太陽と月がタイトに120度でしたね。
4室の凶星とハードアスペクトの月は、太陽によって救われています。
結婚によって、月は発展性と安らぎを見出そうとしている図だと思います。
それに、もうすぐT木星とグランドトリンですし、ご夫婦の目的意識がより一層明確になり、結束して大きな力を発揮できるのかも知れませんね。

たとえ生い立ちが家庭的ではなくても、主体性を持って独立をすれば、自分の思う様な居場所作りは可能です。
育った家庭よりも、大人になって結婚したり独立したりして過ごす方が長いですから、こちらの方が完全に大事です。

私なども月が4室でハードアスペクトですから、実家では母親の呪縛が猛烈で、反発すべくもがいていましたね。
結婚しても無意識のうちに、育った家庭のパターンを繰り返すという事は良くありますが、気が付いてギクッとすれば大丈夫、何度も何度も意識化すれば改善できますし、無意識に出やすい月より、主体性のある太陽の力を使えば呪縛のようなものからも逃れられると思います。

ぬくもりとか、ぬくぬくとか・・・いいですよね。
暖かい布団に包まれる心地良さ、まるで子宮の中にいるような安心感と、抱っこされているような一体感。。
カッコよさは皆無ですが、私は4室に太陽と月ですので、居心地良い環境を守る事、そこに身を置く事に使命感を持って生きているのかも知れません(笑)
家族もそれぞれ面白く、4室双子座は、昔で言えばまるでサザエさんのような世界観なのかも知れないと思いました。

by ままみ (2012-11-22 16:47) 

まあや

ままみさん、はじめまして。
4室について調べていたところ、こちらのブログへ辿りつきました。
蟹座25度にICがあって、ちょうどぴったりそこに木星があるので、占ってもらうと「家庭環境が良かったのね」とか良いことを言われるのですが…自分ではピンとこないのです。
月が山羊座でMCの少し前にあるから結婚しても外でガシガシ働くようになるわよ、とも言われました。実際その通りになったし、家事がすご~く苦手デス。。。

一人っこですが、母は自宅で仕事をしていたので、家にはいたけれど遊んでもらった記憶がありません。結婚しても仕事中心の生活なので子供は持てないし、たぶん世間一般の家庭とは違うと思います。友達夫婦みたいな感じですね。自分にとって4室ってなんだろうな、木星は何を意味しているのかな、、、なんて思いながら記事を何度も読み返しています。占いの知識がないと、せっかく占ってもらってもよけい気になっちゃうものですねー。


by まあや (2012-11-23 13:11) 

ままみ

まあやさん、コメントをありがとうございます!

月がMCに近くて山羊座でしたら、やはり家庭的な事より、社会に出て活躍したり認められる方が生きがいになり易いかも知れませんね。
ICの木星は、木星から連想されるような、必ずしも三世代が暮らす大家族になったり大きなお屋敷に住む、といった事を意味しているわけではないです。
その人なりの使い方もありますし、現状や分に合った働きをすると思います。
また灯台もと暗し、実際恵まれている事には違いなくても、日常の事になるとそれが普通の感覚ですので、これって良いの?といった風になりやすいでしょう。

木星は無精な星なので、年齢域の46歳頃を過ぎないと、その恩恵を実感できないと言った事は良くあります。
例え2室にあったとしても若い頃はお金に困る人もいるでしょうし、3室にあっても教養がありそうではなかったりします。
まあやさんも、46歳以降、共感を分かち合う安心できる家族(ご夫婦)として木星を実感するかも知れません。
木星のアスペクトが開かれていれば、友人なども大勢集まる賑やかな家庭になったりするのかも知れませんね。

by ままみ (2012-11-23 13:52) 

はなこ

ままみさんお久しぶりです!
4室のお話し、興味深く読ませていただきました。
私は4室は蟹座~獅子座にまたがっていまして、特に天体は入っていません。
月は11室の水瓶座にあります。
中学に上がった段階で学校の寮に入り、その後も故郷とは離れた場所で一人暮らし→結婚となったので、20代後半にして、両親と離れて暮らしている時間の方が長くなりました。
親とは特にトラブルがあったわけではないのですが、肉親と長時間いるとかえって息苦しく、変に緊張してしまう感じでした。
結婚し、元は他人の夫と新しく家庭を持って以降の方が、独身の頃よりもかえってリラックスして実家にいられるようになりました(ちなみに夫も、水瓶座の月です)。
心理的に、適度な距離が取れるようになったという感じです。
両親が共働きの家庭で、特に母親はガッツり働いて私と妹の学費を出してくれました。
子供の頃、両親が深刻なケンカをしていた記憶があり、そのときに「振り回されるのはごめんだ」という気持ちになったのを強烈に覚えているので、それも早々親離れした理由になっているのかもしれません。
by はなこ (2012-11-25 21:15) 

まあや

ままみさん、とても参考になる説明をありがとうございました!
4室木星の恩恵を強く実感していなかったけれど、子供の頃も現在も家庭に関して不幸な要素が特にないので、それが「恵まれている」ということなのかもしれませんね。
好きなように仕事をさせてくれる夫に、心から感謝しよう!!!と思いました。


by まあや (2012-11-25 22:00) 

ままみ

はなこさん、コメントをありがとうございます!

はなこさんは自立する年齢が早かったのですね。
家庭は居心地が良いに越したことはありませんが、それが過ぎると、実家からなかなか自立が進まないといった事はありますよね。
そこで自足してしまうため離れがたく、現実の結婚にあまり興味が出なかったりする方もいます。
やはり親には適度に反発して、乗り越えるくらいの意気込みを持つ方が、しっかりと自分らしく生きられる気がします。
自分で家庭を持った時も、きっと幸せを実感するのではないでしょうか。

>親とは特にトラブルがあったわけではないのですが、肉親と長時間いるとかえって息苦しく、変に緊張してしまう感じでした。
結婚し、元は他人の夫と新しく家庭を持って以降の方が、独身の頃よりもかえってリラックスして実家にいられるようになりました(ちなみに夫も、水瓶座の月です)。
心理的に、適度な距離が取れるようになったという感じです。<

4室は蟹座なのでアットホームで暖かい家庭なのですが、ルーラーのサインは水瓶座との事ですので、平等性、均等性から、ご両親のような密接な間柄程、距離を置きたがる性質が出ていたのでしょう。
天王星には、遠くのもの、飛び越えるもの、接ぎ木、といった意味もありますので、ご主人との結婚で家を分けた事が、ご両親と程良い距離感を持つ事になり、今では親密さを保てるリラックスした関係になられたのでは、と思います。
11室は距離のある人間関係、友達のような関係ですので、古風ではない開かれた未来志向のご家庭を作られるのでしょうね。

by ままみ (2012-11-26 22:33) 

うみ

ままみさんお返事ありがとうございます。(‐^▽^‐)

私、けっこうパンチの強い配置を持っているので、、(笑)4室冥王星についても気になっていました。他にも、8室に土星、12室火星、6室海王星と、、、・・。
4室に木星、冥王星とあるので、感情的な執着があったり、守られている安心感みたいなのを無意識に選択してしまっているところがあるのです。
でも、きっと今回の人生は、そんな恐れを超えて、意識して、「足るを知る」「自分の足で立つ」ことがまた、大切なのかぁと思いました。
そう思うと、一人ひとりのホロスコープには、パワフルな潜在性が潜んでいるのかな〜と感じます。 
日々前進!です!!!(^▽^)/


ちなみに、最近海外の占星術サイトを翻訳して読んでいました!!
日本も、もっともっと占星術の深さが普及していけばいいなぁ。。なんて感じました。
by うみ (2012-11-28 18:08) 

アクリル

お久しぶりです。確かに4室は対の10室に比べると、軽視されがちですよね。でも実は、基礎にあたる部分でとても大事ですよね。
私は4室には天体はありません。セレスとヘッドがあり、サインは牡牛座です。ルーラーの金星は10ハウスにあり、テイルと合(汗)のノーアスです。
私自身、4ハウス絡みのテーマは苦手です^^;
月土星のスクエアもありますが、何不自由ない暮らしを与えてくれた両親には感謝しています。
ただ、自分が家庭を持つイメージが全く湧かないのもあり、4ハウスのヘッド・セレスも今一つ理解できない状況でいます。
by アクリル (2012-11-30 00:23) 

ままみ

アクリルさん、コメントをありがとうございます。

4室絡みのテーマは苦手なのですね。
月土星のスクエアなどあると、そのように感じる方はいますよね。
しかし4室ヘッド、10室テイルという対比では、家庭的な事に関して、未来の可能性を感じて、もっと開発したい、広げていきたいという場所ですし、社会的な活動に関しては、前世で散々使ってきた場所という事になります。

アクリルさんは職業的な事に関して慣れている故、簡単に出来るのだけど、あまりそれをやってはいけない、未来に向かうべきヘッドのある家庭的な事に向き合わなければ、とプレッシャーにも似た気持さえお持ちなのかも知れません。
4室は新鮮味を感じるのだけど、踏み込むのはちょっとめんどくさいといった心境でしょうか。
しかしセレスも4室との事ですので、あせらずゆっくりでも良いからと暖かく見守る目が加わりますし、家庭的な事へのイメージも徐々に育っていく事と思います。

by ままみ (2012-12-03 14:50) 

シャリマー

こんにちは。
今さらですが4室の話題に興味があってのこのこ出てきました。

私は4室に天王星・冥王星があります。
(この冥王星が太陽とトラインなのがせめてもの救いかもしれませんが。)
セオリー通りといいますか、父母は喧嘩ばかりの落ち着かない家庭に育ち、自分だけは暖かい家庭を持ちたいと思ったものの結婚後十数年で自分の結婚も失敗だったと思い知らされている昨今です。
現実に離婚はまだしていません。

興味深いのは第一子・第二子ともに私と同じように4室に冥王星を持ち、それを知った当時は夫婦仲も円満だったにも関わらず
(これはいつか離婚問題が起きてしまう暗示では?)
と妙な不安感から三人目の子を出産したのですが、この子は4室に月・木星の合を持っていました。
今の時点で感じるのは、この三人目の子を生まずにいたら私は流れのままに離婚していたんじゃないかと思うんです。
まだこの先のことはわかりませんが。
家庭の平穏がなにより大事だと感じているのに4室冥王星は厳しいですね。
by シャリマー (2012-12-03 18:22) 

ままみ

シャリマーさん、コメントをありがとうございます!

天王星・冥王星のある部屋は、日常的でないビックリするような事ばかり起きやすいですから、ご家庭での波風があるかも知れませんね。
トランジットでは特に、4室の天王星・冥王星が刺激されるような位置に天体が来た時など、お気を付けて下さい。

しかし冥王星が太陽とトラインなのですから、例え壊れても消えても、何遍でも復活、再生していける運気です。これは最強の配置ですから、きっと大丈夫だと思います。
冥王星同士のトラインで太陽とGトラを作った時は、一番それを実感できる時ではないでしょうか。

>興味深いのは第一子・第二子ともに私と同じように4室に冥王星を持ち、それを知った当時は夫婦仲も円満だったにも関わらず
(これはいつか離婚問題が起きてしまう暗示では?)
と妙な不安感から三人目の子を出産したのですが、この子は4室に月・木星の合を持っていました。
今の時点で感じるのは、この三人目の子を生まずにいたら私は流れのままに離婚していたんじゃないかと思うんです。<
私もそう思います。
家族のチャートは個人のものでありながら、4室7室8室などは共有しやすい場所であり、お互いの運気の影響を受けています。
冥王星がご家族の同じ場所で重なっていれば、それだけ異変が起きやすくなる可能性が濃くなるでしょう。
3人目のお子さんは、ご家庭の扇の要のような役割で生まれて来てくれたのかも知れません。
3人目のお子さんにとってご家庭は居心地良い暗示ですので、ご両親の仲もこれにより、救われている部分があるのでしょうね。

by ままみ (2012-12-04 16:22) 

アクリル

ままみさん、お返事ありがとうございます。
書かれている通り、家庭的な事に取り組むのが面倒なんだと思います。
これではダメだと分かっていても、結局は楽なテイルに逃げ込むばかり・・
ホロスコープは本当に不思議ですね。
そうですね、セレスもあるので、徐々に取り組む姿勢を持ちたいと思います。
御丁寧なお返事ありがとうございました。
by アクリル (2012-12-04 23:24) 

シャリマー

ままみさん、丁寧なお返事ありがとうございます。
まさにままみさんのおっしゃるように三番目の末っ子は我が家のペットのような、家族全員が可愛がらずにいられない存在なのです。
実際に離婚問題を真剣に考えた時も、上の二人の子は耐えられても末っ子に悲しい思いをさせるのはどうにも忍びなくてズルズル現状維持が続き今に至る、って感じでしょうか。
復活・再生、はまだ自分の内部では起きてる気がしませんが・・・。

ぬくぬくした暖かい家庭というのが子供の頃からの夢だったんですけどね。
人一倍望んでいるのに自分にはなかなか手に入らない、それゆえすごく執着を感じてしまう、というのも冥王星のなせるワザかもしれませんね。


by シャリマー (2012-12-06 13:09) 

キョウコ

ままみさん、お返事ありがとうございます。
真摯にメッセージを下さって嬉しいです!

 〉結婚によって、月は発展性と安らぎを見出そうとしている図だと思います。
そのように言っていただけてなんだかホッとします。グランドトリンに向けて夫婦ともども結束して望む家庭像を実現すべく協力していきたいと思います(^-^)

繰り返してしまう生い立ちのパターンに気づいて意識化して改善し、太陽の力の方を意識的に使うことで呪縛から逃れられるというのもとても参考になります!

サザエさんの世界観、いいですよね!いつもアニメ観ていました。
文面から表れる、ままみさんの家族と家庭を守るんだっていう「お母さん」のイメージにとても癒されています。
by キョウコ (2012-12-08 22:46) 

マロン

ままみさん

はじめまして^^
実は何度も訪問させていただてます。西洋占星術初心者です。

こちらの記事、グッときました!
というのも、私は4室に月が入っています。
そのため、精神的な安定を家庭に求める気持ちが強いと読めるので、
まさにこちらの記事に書かれているようなものを求めているのです!
けど、4室は水瓶座なんです…
水瓶だと、身近な接触をしないとか人との距離感があるとか
他では書かれている事が多いので、先程の4室月とはまた違う解釈になるのかな〜と
頭がごちゃ混ぜになっています。
私本人としては4室月の気持ちなのですが、水瓶の性質を知って少し悲しくなりました…。どちらなんでしょう?というか、どちらもあるって事ですよね。
月のアスペクトは獅子木星と180度です。ますます謎です。
もし、よろしければ簡単にアドバイス頂けると助かります。

ちなみに月の場合、凶星になるのですか?
by マロン (2015-03-25 15:07) 

ままみ

マロンさん、コメントをありがとうございます!

月は個人の安心ポイントを表すので、マロンさんはお家が落ち着く場所と言う風なのですね。
水瓶座の月は自分も相手も割と突き放した感じでクールだと言われますが、それが4室にある場合、家族同士いくら仲が良くても親しき仲にも礼儀あり、お互いの領域に侵入し過ぎず、子供は親に依存し過ぎず、親も子供の独立心を尊重する、そんな雰囲気になると思います。

木星との180度は身近な人達と楽しくやっていきたいオープンな気持ちが膨らみますし、家庭内の秘密を持たずに、友人なども気軽に招き入れる感じですね。
月は吉星か凶星かの括りで分けた場合、吉星になります。


by ままみ (2015-03-25 16:33) 

マロン

ままみさん

ご返信ありがとうございました♪
なるほど〜!
仲のよい家庭でしたが、大人になってから「バカにしてばっかり!」と思っていました。『家族同士いくら仲がよくても親しき仲にも礼儀あり』が、たしかにそう思ってるかも〜…と苦笑いしてしまいました(^^;)

他の方への回答に、4室月のこと書かれてましたね〜
何度もすみませんでした!

『実家では母親の呪縛が猛烈で、反発すべくもがいていましたね。
結婚しても無意識のうちに、育った家庭のパターンを繰り返す』
とか、
『ご主人との結婚で家を分けた事が、ご両親と程良い距離感を持つ事になり、今では親密さを保てるリラックスした関係になられたのでは、と思います。』
など、私も同じです!

また
『共感力が強いため、相手の気持ちと同化しやすく、嬉しい事も悲しい事も、気持ちが入ってしまう優しい人が多いです。
人の痛みを自分の痛みとしても感じてしまう、とても涙もろい方もいるでしょう。』とありましたが、
これもまた「そうそうそう!」と大声だしてしまうほどでした(笑)
とても共感力が強いようです。
海王星と水星が合なので、その影響かと思っていましたが、月4室の影響なのですね…それを木星が拡大している(笑)

4室について、やっと自分の理解が出来ました。
ままみさん、本当にありがとうございました^^


by マロン (2015-04-01 10:02) 

ままみ

マロンさん、お返事をありがとうございました!

マロンさんも、とても共感力がお強いタイプなのですね。
月は住んでいる土地の気も吸収しやすいため、風土や慣習にも大きく影響されます。
なので、良い環境に住まう事も大事になっていきますよ。
私も4室月、少しでも居心地が良くなるように、ご近所様との付き合いや家の中の風水的配置など気を使います。
可能な所は工夫したりして、頑張りましょうね~☆

by ままみ (2015-04-01 13:30) 

あんこ

ままみさま

こんにちは。検索でたどり着きました。

昨年、娘が生まれたのですが、この娘の4ハウスに土星があります。
しかも、蠍座の涙の度数です。
他の星とのメジャーなアスペクトはありません。

ということは、私と夫が営む家庭が、そんなに居心地の悪いものなのか、
彼女にとって試練なのかと思うと、悲しくてたまりません。
ちなみに、私と夫との仲は、出産前までは仲良く、
産後は産後クライシスのような喧嘩ばかりの時期を経て、
今ようやく落ち着いてきたところです。
前のようにラブラブではないかもしれません。
でも、仲が悪いというほどでもありません。

私は、娘に家庭に居心地の良さを感じて欲しいです。
私ができることは何かありますでしょうか?

余談ですが、私自身のホロスコープは、
4ハウス蟹座で星は入っていません。
でも、ICに対して冥王星と土星がスクエアだからか、
両親の仲がすこぶる悪く、
まったくくつろげない家庭環境でした。。。

あれより悪い家庭環境を、娘に与えてしまうのかと思うと、
本当に辛いです。
by あんこ (2015-10-08 17:29) 

ままみ

あんこさん、コメントをありがとうございます。

あんこさんのICに対し冥王星土星のスクエアは確かに厳しい配置なので、だからこそお子さんには幸せな家庭を与えたいと、心から思う尊い親心が溢れてますね。

土星は確かにカルマの星として試練を与えますが、4室では、節約的な家庭とか、躾に厳しかったとか、お年寄りがいたとか出方は様々です。
生まれた時から比較のできない当たり前の環境で、それに対するお子さんの感じ方イコール居心地が悪いとは限りません。
どんな時も気持ちに寄り添った、優しい愛情を持ち続ければ、あんこさんのできうる限りの最善の環境を与えていけるはずです。
居心地の良い家庭だって、きっと築く事ができるでしょう。

今、言える事は、ご自身の育った家庭への嫌悪があって過敏になり過ぎると、絶対同じようにはしたくないといったプレッシャーから、夫婦の言い合いもできないなど不自然な関係を作ってしまう懸念はあります。
理想の家庭を無意識のうちに要求し過ぎるあまり関係がおかしくなる、なんて事にも。
なので今のマイナスな感情も大らかに認められて、むしろ生まれてきた家庭が勉強させてくれたと前向きに思う方が、過去の呪縛から解き放たれるでしょう。
ご家庭に対する理想はあまりタイトに思い描かず、何事も自然体でありのままの方が、きっとお子さんも居心地良いご家庭になると思います。

また、産前産後はホルモンも乱れるし情緒も不安定になるので、喧嘩するご夫婦は多いですよ。
それを乗り越え、自分よりも大切な存在、守るべき存在を持つ「親」になったのですから、恋人同士のラブラブな関係はもう卒業、これからはお子さんをメンバーに入れた家族のチームとして、思いやりを大切にしながらも「仲が悪いという程でも無い」位の方がむしろちょうどいいバランスでしょう・笑
お子さんのいる賑やかで明るい家庭を楽しんで下さいね。


by ままみ (2015-10-08 23:37) 

あんこ

ままみさま

早速のお返事ありがとうございます。
ぶしつけに質問を送って、今更ながら申し訳ありませんでした。

お返事を読んで、涙が出ました。

すごいですね。その通りです。
実家への嫌悪感が反動になって、いろんなことに過敏になっています。
夫婦の言い合いができない、家庭への理想が高い、その通りです。

どうしても、満足のいく(?)家庭にしたいと思ってしまうんです。
いつも他の人よりも、劣っているんじゃないかという恐れがあるんです。
だから、一生懸命頑張らないと、と。

ありのままでいいんですね。
マイナスの感情を大らかに認める。やってみます。
本当にありがとうございました。
by あんこ (2015-10-09 01:09) 

くじら

はじめまして。占星術勉強中です。
よく検索でこちらのブログにたどり着き、参考にさせていただいています(^^)

私は4室(カスプは蟹座)に獅子座木星があって、牡牛座ASC=キロンとスクエア、7室の蠍座金星とスクエアでT字になっています。

自分の居場所について悩むことが多く、現在も引っ越しや居場所を変える(実家→シェアハウス&田舎→都会)ことで悩んでいます…
そうしたことが、この4室と関係があるのかな?と思ってコメントさせていただきました。

月が双子座にあるので、確かに都会的でちょこちょこ動き回れるような環境に居心地良さを感じるところがあり、それは大きいかなと思っているのですが、どうもこの4室関係が気になっています。
私は一度都会に出て、地元にUターンして現在に至るので、地元や実家の存在が大きいのも確かです(それでなかなか動けないのかもしれません)。

どのような解釈をすればよいか、コメント頂ければ嬉しいです。

by くじら (2016-11-07 17:19) 

ままみ

くじらさん、初めまして。

>自分の居場所について悩むことが多く、現在も引っ越しや居場所を変える(実家→シェアハウス&田舎→都会)ことで悩んでいます…<
居場所に対する象意が統合化されてなければ、未消化のエネルギーが無意識のうちに変化を起したい衝動として表出します。

断片的にしか見られませんが、くじらさんは人と接触したい願望が強いので、毎日がパーティみたいなシェアハウス時代はなかなか楽しかったのではないでしょうか。
共感力で繋がれた温かい絆を大切にする要素がありますので、面倒見も良かったでしょうね。
無防備な4室は、ある程度閉じられた状態が普通の感覚だと思いますが、何事もやり過ぎてしまう木星のスクエアにより、物怖じせず誰とでも打ち解けてしまう感覚が家の中にまで流れ込んできている感じ。
自分を派手に押し出せる場所が、家庭や居場所だとしっくりくるでしょう。
自らがもてなす、ゲストハウスのオーナー的なイメージも湧きました。

IC蟹座は地元での愛着心、回帰傾向を持ちます。
ルーラーの状態にもよりますが、都会で一人暮らしは似合わないかも。
キロンも絡んでいるので、心の傷も癒したいという心理も働いているのかも知れません。
ご実家はどんな感じでしたか?

by ままみ (2016-11-08 15:06) 

くじら

ままみさま

ご丁寧に、どうもありがとうございます><

 >居場所に対する象意が統合化されてなければ、未消化のエネルギーが無意識のうちに変化を起したい衝動として表出します。

ちょっと愕然としてしまいました…(笑)
確かに、居場所が欲しいと望んでいるのに、出ていこうとしているのを矛盾?のようになんとなく感じているのです。
でも、それでいいような気がしていたり、もやもやしたり(笑)
火星期だから、そうなのかという気もしています。
(火星は、水星・海王星とともに8室射手座にいます。双子座の月は、オーブを広くとれば水星=海王星に180度となっています。そして射手座の3星すべてが乙女座の土星と90度となっています。)


私は実家に住んでいた高校生までは、優等生タイプだったので学校という居場所で割と目立つことができ、良かったのかもしれません(^^;

 >自分を派手に押し出せる場所が、家庭や居場所だとしっくりくるでしょう。

というところで、なんとなく当時の事を思い出しました。

実家自体は、過保護だったと感じます。厳しかったし、今思うと「過ぎる」ルールが多いような家庭でした。
それをほかの家庭と比べて悲しいとかさみしいと感じることが多かったように思います。
特に母親と性格が合わず、嫌いではないけれど言葉が通じない。といった点で、傷つくことが多かったのです。
母は天然に口が悪いので、悪気がない分よけい傷ついたり。
なので、今実家にいるのは、子どもの頃の心の傷を癒しに来たのもすごくあると思います。
(>キロンも絡んでいるので、心の傷も癒したいという心理も働いているのかも知れません)


 >断片的にしか見られませんが、くじらさんは人と接触したい願望が強いので、毎日がパーティみたいなシェアハウス時代は
 >なかなか楽しかったのではないでしょうか。

ちょっと私の説明が足りずに申し訳なかったのですが、シェアハウスに住むことを考えているのは、今後のプランなのです。
でも、学生時代に学生寮に住んでいて、その時はとても楽しかったです。いまでも、その当時の友だちは仲良かったり連絡をとったりしますので、とてもあたっています。
確かに、とてもそんな居場所を求めてるので(それに7室と8室に6星が集中している私です…)、もう一人暮らしをする気にはなれず
シェアハウスを希望しているところもあります(転居するには気軽だから、というのもありますが)。
そして、実家にいるとほんとにこの記事のタイトル通り、ゆるゆるすぎて(笑)、逆に窮屈に感じてしまっている自分がいます。
そして母親とは、以前よりは話が通じますが(というより、ボロクソ言われてもそこまで動じなくなりました)、父親とは年々言葉が通じません。あきらめています。
私は私の居場所を自分で見つけたい…!!みたいなのも、あります。
自立したいのですね(アラフォーにして…)(汗)


 >無防備な4室は、ある程度閉じられた状態が普通の感覚だと思いますが、何事もやり過ぎてしまう木星のスクエアにより、
 >物怖じせず誰とでも打ち解けてしまう感覚が家の中にまで流れ込んできている感じ。

シェアハウスは、自分的には「やりすぎ」感がありますね…(笑)
私にとって一人の時間はとても大切で、一人暮らしをしているときは、シェアハウスなんて住みたくないと思っていたのです。
でも、実家に住んだことによって住めそうな気がしてきたのは不思議ですし、実際、寮にいたときの感覚で住めるのだと思います。


…とりとめなく書いてしまいすみません、、、でもままみさんのご返信で客観的に見れるようになってきた感じがしています(*´-`)
そして改めて、星が教えてくれることってほんとうにドンピシャで、目を開かせてくれるなぁ…とびっくりです。
どうもありがとうございます。
そしてまた新しく向き合わないと…と思います。

by くじら (2016-11-08 17:29) 

ままみ

くじらさん、丁寧なお返事を下さいまして、ありがとうございます。
なるほどと思えるところが沢山ありました。
木星のハードは甘やかしとして出てしまいますが、アラフォーともなれば逆に居心地として悪いですよね。

学生寮で過ごした経験がおありなのですね。
思い返せば私も地方の女子短時代、一軒家を3人でシェアする学生寮に居ました。
大らかな時代でしたし、周辺に点在している学生寮同士の行き来が盛んで、今日は○○寮で飲み会と言った様に自然と交流し、誕生会などは必須のイベント、何かと集まっていました!
学生の間でひそかに歌い継がれる、ちょっと恥ずかしい寮歌などもありましたっけ。
深い所までコミュニケーションが取れる共同生活、夜まで友人と一緒に居られるのは私も凄く楽しかったです!
かけがえのない若い頃にしかできない、様々な経験を深める機会に恵まれて、今思うとつくづく幸せだったと感じます。
くじらさんの4室もパーティの様な、ノリの良い4室に感じられます。

>確かに、居場所が欲しいと望んでいるのに、出ていこうとしているのを矛盾?のようになんとなく感じているのです。
でも、それでいいような気がしていたり、もやもやしたり(笑)
火星期だから、そうなのかという気もしています。
(火星は、水星・海王星とともに8室射手座にいます。双子座の月は、オーブを広くとれば水星=海王星に180度となっています。そして射手座の3星すべてが乙女座の土星と90度となっています。)<

自分の居場所について悩む事で気付いた点を一つだけ。
8室と4室は120度関係なのもあり連動しやすく、どちらも共同生活に関わる部屋ですが、8室の状態は深く入り込む程、抵抗や矛盾が出てストップがかかってしまう感覚。
4室の状態は、明るくオープンな感情を向けて、家族の様に親密に暮らしたい感覚。
端的に言うとウェルカムな4室とクローズドな8室の食い違いから、ご自分に合うスタンスが見つけられずモヤモヤする様に感じました。
共同生活を続けるうち、入り込まざる得なくなる場面では8室が現れてきます。
その場合、ここまでならいいけどここから先は駄目!という感覚が起こるでしょう。
または他動的に迷惑を掛けられる恐れも。
線引きは大切な事ですから、抵抗する自分を認めて下さいね。

星の表す事柄に大きなギャップがある場合、上手く落とし込み統合化する事がテーマとなります。
今後のプランにシェアハウスを考えてみる場合、個人的な領域は死守して下さいね。
ご自分に合った自立、応援しています☆

by ままみ (2016-11-09 15:16) 

くじら

ままみさま

こんにちは!丁寧なご返信、ほんとにどうもありがとうございます。
ままみさんも、寮にお住まいの経験がおありだったとは!!^^
そうそう。誕生会や、いろんなイベント(ほとんど会食でしたが 笑)が催されて楽しかったです♪
寮歌!?は、たぶんなかったですが、寮生大会なるものがあって、ほんと生徒会みたいでした(笑)

なるほど、そんな<パーティの様なノリの良い4室>を自分は求めているのか…と、ハッとしました…
自分は人づきあいを苦手と感じているところもあるので、昔は飲み会とかとてもしんどいところがあったからです。
それが、2室と8室の葛藤かもしれない…というところも、ちょっと目から鱗でした!

確かに、です!
長らく居場所だった実家でも、私はとても8室な影響を感じているような気がしました。
和気藹々とするときはするのだけど、途中でぱつんとはじかれるような、抵抗するような、感覚。
(>8室の状態は深く入り込む程、抵抗や矛盾が出てストップがかかってしまう感覚)
なんとなくですが、家族自体がそういった感情的な抵抗を受け継いでいるように思えて腑に落ちました。

 >星の表す事柄に大きなギャップがある場合、上手く落とし込み統合化する事がテーマになります。
 >今後のプランにシェアハウスを考えてみる場合、個人的な領域は死守して下さいね。
 >ご自分に合った自立、応援しています☆

ハイ^^ありがとうございます!!
自分に合った形を見つけたり、作っていくときなのかなと思いました(*^^*)

自分の事になるとホントに見えそうで見えないものですね…(笑)、
でも、ままみさんのお返事で、また占星術に深みと面白さを感じました♪
もっと深めていきたいです♪♪
どうもありがとうございます!!

by くじら (2016-11-10 11:54) 

ままみ

くじらさん、こちらこそ丁寧に、ありがとうございます。

寮は一軒家なので、食事や掃除は当番制で回していましたが基本的にフリーダム。
他の寮への行き来も盛んで、友人たちの暮らしぶり?を探訪し、いろいろな料理を覚えるなど、つくづくアットホームな感覚でしたね~。
卒業して児童養護施設で働いていた時代も職員寮でしたし、私もいつも側に人がいる居場所を、自然のうちに欲していたのかも知れません。

>なるほど、そんな<パーティの様なノリの良い4室>を自分は求めているのか…と、ハッとしました…
自分は人づきあいを苦手と感じているところもあるので、昔は飲み会とかとてもしんどいところがあったからです。
それが、2室と8室の葛藤かもしれない…というところも、ちょっと目から鱗でした!<

すみません、説明が足りなくて。
2室8室の拮抗はそれほど悪くなく、葛藤とは8室の天体群と5室土星のスクエアについて言っているつもりでした。
この配置は遊びや娯楽、楽しむ事にブレーキを掛けたり、ソーシャルな面とは一線を画すプライベートな、家族や恋人などの関係に水を差しやすくします。
星に任せた衝動を取った結果、壁を作ったり、もっと軽く考えても良いような所で真面目に受け取り過ぎるなど、ぎくしゃくした傾向としても表れやすくなるでしょう。
状況を変えたければ、そこに意識を介入させると良いです。
ご自分のチャートの理解を深めて頂く契機にして下されば幸いです☆



by ままみ (2016-11-10 14:32) 

くじら

ままみさま

こんにちは!
ご返信、ありがとうございます^^

>この配置は遊びや娯楽、楽しむ事にブレーキを掛けたり、ソーシャルな面とは一線を画すプライベートな、家族や恋人などの関係に水を差しやすくします。

ほんとに自分の事だなー!!と、なんだか笑ってしまいました(^^;
5室土星のスクエア、なるほどです。
でも、星の葛藤なのかと思うと少し気が楽になります。

そう、もっと気楽に生きていいのでしょうね^^
居場所についても、ふっと心を緩めればもっと楽しめるような気がしました♪

どうもありがとうございます(*^^*)


by くじら (2016-11-14 17:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0