So-net無料ブログ作成

新月の動向 [ホロスコープ]

熊本地震で甚大な被害に遭われました皆様方に対し、心よりお見舞い申し上げます。
復興が進み、一日も早く日常の生活を取り戻すことができます事を、お祈り申し上げます。

熊本地震後、有名人の支援活動やSNSなどに過剰に否定的なコメントをしてくる、不謹慎狩りなるものが横行しているようで、大変な憤りを感じました。
熊本在住の井上晴美さんは、地震によって家が全壊し、身を持って体験した被害の状況や、現地のつらい心境などを発信していましたが、自分だけじゃないなどと批判的なコメントが多く寄せられ、かなり心を痛められたそうです。
大変だけれど頑張っていきましょうとなるところで、なぜ批判を浴びなければならなかったのでしょうか。
その他にも、応援のコメントを書き込めば自分に酔っているとか、笑顔の写真で応援メッセージをすれば不謹慎だとか、もう論う事さえ疲れるような数々が、芸能人を的にしてやってくるそうです。
こんなにも心の狭い、優しくない人達がいる事実に対して、つくづく嫌な気持ちをもっています。

災害に乗じた売名行為と受け取ってしまっている人もいるのかも知れないけれど、とやかく言う事ではないし、名が売れているからこそ支援の輪が広がり、前向きな影響力も促進されると思います。
笑顔の写真で、元気になったり癒されたりする被災地の方もいるでしょうし、しんみりと塞いだ顔をしていれば良いというものではないと思います。
揚げ足を取るだけで自分は何もしていない不謹慎狩りをしている人は、きっと寂しい人、幸せではないのだと思います。
それは自分でどうにかするしかないと思いますが、せめて支援の輪を妨害するような、活動の足を引っ張るような事だけはして欲しくないです。
批判や攻撃の被害に遭われた方は、自分の善性を信じて、何を言われようとくじけないで欲しいと思います。
人は大勢の意見には靡いてしまうという弱い特性があるので、歪んだ正義感に引っ張られるような事がない様、無視をするのが一番で蔓延らせない事です。

そして話題の紗栄子さんですが、なかなかできる事ではない多額の寄付をされたそうで、本当に素晴らしい方だと思います。
金額を載せた位で異論を噴出させているような、つまらない人達の意見など耳を貸さず、覚悟を決めた堂々とした姿勢には、とても魅力を感じましたし、今後も持てる勇気と行動力で、自分を貫いて欲しいと思いました。

占星術的に見た、直近の皆既日食、3月9日の新月図なのですが、愛あふれる魚座の新月に癒しのキロンが合、非常に霊的で精神性の高い配置なのですが、射手座土星、乙女座木星からの、その場のノリでどうにでも転んでしまうような柔軟宮のハードアスペクトを受けています。
射手座土星の意地悪なバトルや、乙女座木星の、いかなる~も許さないといった批判精神を増長させるような配置、攻撃を受けやすい、傷付きやすい魚座の新月でした。
感受性が高過ぎて、周囲の反応には左右され消耗してしまいがち、自分の感情にも溺れ、気が付けば殉教者、犠牲者になり果てているかも知れません。
本来、木星と土星は社会的な常識を持つ星なのですが、今回の不謹慎狩りも一見、常識をわきまえた振りをしながらも、書いている内容は無茶苦茶と言う始末の悪さです。
傷を負うのは必須、 魚座の善意を潰すような配置に思えました。
決して悪意など持っている訳ではなく、被害に遭った熊本の人達の事を考えて行った事、何かの役に立ちたいと願って発信した言葉や行為の数々が、心ない人達によって踏みにじられた訳です。
ショックを通り越し、悲しくなってしまうでしょうね。
純粋な気持ちを曲げて取られ、穢されてしまったのですから。。
トラウマになって自分の善意を隠したり、人助けの勇気をひっこめる様にならない事を願うばかりです。
これは、魚座に土星を持つ人の困難にも似ていると思いました。

魚座の土星は、湧き起る慈悲心、憐みの心を何故か否定されてしまうような経験をして、若い時は封じ込めてしまう方も多いのです。
それは自分の、魚座的な弱さを外に出したくないとか、人前で涙を流すのは恥だとか、偽善者と思われたくないから良い人でいるのはやめておこうとか頑なに思い、柔らかな感情の発露、優しさを素直に出せないことがあります。
親や周囲の刷り込みが原因の他にも、良い事をしようとしたのに何かの拍子で誤解されてしまったり、逆手になって恥をかいてしまったなど否定的なイメージがあって、上手に出せない事があるのです。
けれども優しく純粋な気持ちは、水面下に隠されているだけで健在なのです。

私も若い頃、地震の寄付が回ってきた時に、お札だと気付かれない様、小さく畳んで手の中に隠して箱に入れた事があったと思い出しました。
今になって考えると、硬貨を入れる人ばかりの中で目立ちたくない、○○ちゃん、すご~い!と言われたくない、褒められるのが苦手な、魚座土星のコンプレックスだったのだと思います。
また、綺麗な海なのに砂浜に散らかっているゴミが目につき、海に流れて生き物が食べてしまったら大変と拾いはじめ、やめときなよと言われても強行したこともありました。
すると翌日、座っていた砂浜の中から千円札が出てきて、海の神様からのお礼なのか?と勝手に都合良く解釈してしまったのですが、魚座に土星を持つ方は、ただの自己満足と感じてしまったとしても、やはり良いと思った事に対しては自信を持って、やってのけた方が良いと思います。
私は自らが先頭に立って何かを広めたいとか思わないのですが、自分の考えている事の中から、何か少しでも草の根的な影響があればいいなどと思っています。
そして、新月の魚座の傷も、いつか必ず癒えていくと思います。
乙女座、射手座よりも後に来る魚座は、懐大きく全てを包み込み、飲み込んで浄化してしまう作用があるのです。

この新月図に重要な天体が絡んだ方は、他人からの激しい感情や刺激に対しても身を守るすべもなく、傷付くだけの存在と打ちひしがれてしまう事もあると思いますが、それはきっと自分と他人との感情や考えを明確に分ける事が出来ず、全てを受け止め過ぎてしまうためだと思います。
なので自分と他人との明確な境界線を引き、ジャッジする事を忘れなければ、傷付く事も少なくなっていくのではないでしょうか。
また、自分の事も含め、ただ哀れんだり、同情したりせず冷静になる事。
揺れ動く感情は切り離し、客観的に見た相手との関わり方を考える事。
境界線が薄くなり混沌としやすいからこそ、困っている人がいたとしても本当にその人の為になっているのかも考え、何をするべきで何をするべきでないかを冷静に仕分ける事も大事だと思います。

さらに新月の傍のキロンには、発見当時の、合理主義社会に宗教性、精神的価値を持ちこんで、人間性を取り戻したいと願った発見者が、敵対する科学者から抹殺されそうになったというドラマを持っているそうなのですが、これも天体の象意として意味付けされていると思います。
神話でのキロンも、癒されることのない痛みを感じ続けた賢者です。
関係する天体はスポイルされる傾向を持ち、エゴははしたないと感じやすいですが、同時に高い精神性や哲学性も与えます。
魚座の新月は、このキロンによって、より一層純化されて犠牲的な精神が高じ、スケープゴードに甘んじてしまう危険性もあります。
ですが、T字を作る土星の射手座も、乙女座の木星も、宗教性を表しますので、殉教者のような苦しみはやがて昇華され、神との繋がりを結ぶに至る、と言った配置のようにも考えられます。
魚座は疎外された物言わぬ人達の代弁者になりやすいサイン、傷付いた人達、理解されない人達を、癒しの力によって救う事ができるのではないでしょうか。
高度な治療や癒しのキロンですから、誰もが潜在下に抑圧している、普段気付かないトラウマなども手放し、解してしまう機会になるのかも知れません。
複雑なコンプレックスも潔い形で外に出した方が、キロンの力を積極的に使う事ができるのでは、と思います。

実は、この新月図に私のn太陽を重ねるとグランドクロス、水星はサビアンで奉仕的な意味合いの魚座の6度でn土星と合、海王星とn月が90度、火星はnMC合、50年に一度のキロンリターンという配置、もうオンパレードなのです。
自分は無宗教で、よくあるありきたりな日本人の感覚と思っていたのですが、実際には普段の生活の中にもある神仏の見えない力、ご守護やご加護を身近に感じ、共に在る今の自分を、感謝の気持ちを持って応えたいと思うようになったのは、キロンリターンが起こり始めた頃からかも知れません。
魚座のキロンなので、やはり見えないもの、信仰に対する新しい価値観の上書きに関係するのだと思います。

3月以降の新月図を見ても、新月は乙女座の木星、射手座の土星、魚座の海王星にぶつかる事が多く、特に柔軟宮に天体を持つ方は今年一年、気持ちが揺れ動きやすく一貫性を保ちにくいでしょう。
6月6日は、新月に金星が合する他、乙女座の木星、射手座の土星に魚座の海王星も加わり、柔軟宮のグランドクロスが出来上がり、次の蝕が起きる9月1日では、木星が外れて、射手座土星、魚座海王星とのT字を作ります。
全てに言えるのは、やはり予定通りにいかないもどかしさ、計画通りにしようと思っても一転二転して決められない事が多いと思いますが、振り回されて疲れてしまわないように、プロセスを楽しむ余裕を持って道草気分でいる方が、妙な焦燥感を味わわなくて済むかも知れません。
辺りを見渡す事で見聞も広められるし、これまで気が付かなかった素晴らしい景色にも巡り合えるかも知れません。

一方で、5月7日の新月は冥王星と、7月4日は海王星と、8月3日は土星と、10月31日は海王星とそれぞれ120度を作ります。
ひとまず小休止、一旦固められたり、安定する方向へ向かうのではと思います。
また、熊本地震の直前の新月は4月7日でしたが、牡羊座の新月に天王星が合、太陽と月はタイトに山羊座冥王星と90度でした。
太陽と月の引力が最大限に地球にかかり、負荷をかけられやすいため、新月と満月の近くは地震が起こりやすいと言った説があります。
冥王星と天王星に絡んだ新月は、ここ数年の中でこの時が一番タイトの様でした。
きっと無関係ではないのだと思います。



玉簾神社 (8).JPG




タグ:新月の動向
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0