So-net無料ブログ作成

沖縄へ行ったら 美輪明宏作 [雑記]

沖縄へ行ったら      美輪明宏作


もし、私が沖縄へ行ったら
人と生まれて恋を知らず語れず
緑の山や真砂の浜へ
何も言わず私達の防波堤となって
消えて行った健児やひめゆり達に
腕一杯の花を持っていこう。
あの世の公園で
知らなかった恋に
顔赭らめる若者達を
援けるために。
もし、私が沖縄へ行ったら、
散歩に疲れた恋人達のために
甘い紅茶やフランスケーキを
ゲートルやモンペを脱がせて
細いズボンや花模様のドレスを
戦闘銃の代わりに
ゴルフのクラブを
手榴弾の代わりにボーリングのボールを
火焔放射器の代わりに玉屋の花火を
水の代わりに三々九度の灘の生一本を
鉢巻の代わりにシルクハットとウエディングベールを
爆音の代わりに甘い音楽を持って行きたい。
それらを私はお墓の前に
そっと置いた後
やがて、必ず観るでしょう。
何百何千という若者達が
真っ白なウエディングドレスと燕尾服で
互いに手をとり合い
あの沖縄の碧い
海の中から現われて
光り輝く空の彼方へ
高く高く昇って行くのを
天使達の大合唱に守られながら。



100MLT19-PICT0073_PICT0073.JPG




今日は、沖縄慰霊の日でした。
私のバイブルとも言える、美輪様の「紫の履歴書」より引用させて頂きました。
美しい言葉によって綴られた、この自叙伝には、情緒的でやさしい散文的な詩が散りばめられています。
この詩を読むたびに、涙が滲み出てきます。

時代や場所が違っていたら、きっと明るい青春を謳歌していた純粋な若者達が、
家族や友人とも別れ別れになり、自らの命を絶って、散らなければならなかった。
平和な時代を全く知る事なく、人生の楽しさなどを味わう事なしに。。

二度と悲しい戦争は起きて欲しくありません。
もし本当に神様が見守っていらっしゃるのなら、
若者達は、きっと天国で幸せな時を、思い思いに過ごしているに違いない。
愛する人と一緒に過ごしているに違いない。

私も美輪さんのように思っています。


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

海王星スクエア 土地への影響 [天体]

5年前、記事にも書いていたのですが、予定していた別棟の浴室工事が無事に済み、先々月からようやく、新しくて気持ちの良いお風呂を使い始める事ができました。
家族にとって良い時期を選び工事したためでしょうか、設備屋さんや大工さんには、とても良くして下さり、屋外作業での雨降りや寒の戻りなど、途中、悪天候があったにも関わらず、ほぼ予定通りに工事は進みました。
丁寧に施工して下さった職人さん達には本当に感謝しています。

別棟のある複構相の家は、吉相となります。
別棟が母屋を守護してくれるイメージ、近隣からの視線も届かないため窓を開け放ち、採光と吹き抜ける風を遠慮なく取り込む事が出来ます。
浴室は大きな窓で明るく、夜はガーデンライトが灯り庭木を照らしています。
母屋とはウッドデッキで繋ぎ、テラス屋根も設置したので雨も安心。
旧浴室は書斎にし一坪ほどの小部屋ですが、作業をする時、気を張って取り組みたい時に集中できるので良いです。
吉方を使っての工事が実現した事で、沢山の恩恵を受けられると思います。

そして夏至の貴重な陽光を浴びながら、猫の額ほどの坪庭でお茶したりしているのですが、一方で居場所に対する不安感が・・・。
それは、n月、t海王星のスクエアの影。
ままみは月が4室、安全な住居や地域に対しての、侵食される様な不可思議な感覚を持ち始めました。
6月に入り、月と海王星はいよいよ最初のスクエアをタイトに取り始めたのですが、立て続けに事件が起きました。
家の前の道路で朝方、自転車に乗った男性が倒れて運ばれていったと事後連絡を受けたり、近所のマンションで監禁事件が起きた事をニュースで知るなどのショックで、生活の場が急に不安に思われ始めたのです。
監禁事件の被害者は無事保護されたので本当に良かったのですが、事件によって驚いた日は、いずれもt月がトリガーとなっており、t満月でn月との合や、ICとt土星とt月がT字スクエアになった日。
その他にも家の周りの薄暗い通りで、顔まで隠した全身タイツの人や、アイドルの女装をしたいかつい男性に出くわすなど変な事も多く、一人で歩いていた時は驚いて叫んでしまった程です。
周囲の人は見たことないと言っているのも、4室への影響を受けてる私だけの衝撃だったのでしょうか。
また、うちの亀に「頑張れー!」と声援してくれるお年寄りが、実は俳優さんだったという事を近所の人から聞いたという驚きもありました。

海王星は個人天体とメジャーなアスペクトを作っていませんが、トランジットでスクエアは体験済み、n火星t海王星の時は2年近くスーパーでバイトし、面白いと言える体験をしました。
その庶民的なスーパーは繁華街の片隅という立地ですが、本当に様々な方がやって来て、パジャマで買い物に来る客など、自由過ぎて何でもありの無法地帯と化していました・笑
これまでに接した事の無いタイプの人達ばかりで、リアルな人間ドラマは怪し過ぎて幻のような、刺激的な毎日を送っていました。
次にn水星とスクエアの時にはブログを開設しましたが、自分の事をさらけ出す事にあまり抵抗なく毎日の様に占い記事を更新していたのは、境界を外し、バブルの様に増やす海王星の影響だと思っています。
どちらも実害は起きませんでしたが、やはり月と太陽は運命に直に関わる別格の天体、アンギュラーの中にあるので、他のパーソナル天体と違って影響は段違いでしょう。
それも元々T字を作っている月、さらにこれから射手座を進んでいるt土星まで合わせるとグランドクロスを作ります。
その気配を今月辺りから、ひしひしと感じ始めているのです。

ままみの住む地域は、すぐ側まで商店街が隣接しており、戸建てやアパート、マンションなどが入り組んで建っている雑多な街並み。
集合住宅にも囲まれていますが入れ替わりが激しく、どんな方が暮らしているのか分かりません。
いつもなら気にも留めない様な事にも、何?と気になってしまう。
月がマイナスの気に対して、敏感になり過ぎているのを感じます。
守っていきたい安全な居場所に、海王星と言う(邪)が忍び寄って来る恐怖・・。
見えないものによる不安感を、海王星が煽っているからくりを感じます。

この先もビシビシ影響が来ると思いますが、海王星からの禍害を少しでも少なくするには、いたずらに不安がらずに冷静になり、現実は現実でしっかりと向き合う事が大切と思っています。
その上で海王星の力を逃すアース線を、どこかに繋ぐ事。
やはりスピリチュアルな事には、とても興味が向かっていますが、肉体は原子の塊で出来ているのと同じように、魂も未発見の素子から構成されており、発見されれば目で見る事が出来るのだそうです。
その魂の素子はプラスのエネルギーと、マイナスのエネルギーを持ったものがあり、マイナスの素子は、いわゆる悪霊と呼ばれるもので、その放射能に汚染される事が祟りであるらしいです。
怖がりですが、霊的な事にも関心が出てきたので、こういった分野の研究が進み、科学的な解明が進んで行って欲しいと願っています。

海王星によって何が起こるか今のところ分かりませんし、もめ事もないですが、土星も絡むので利害関係には特に注意した方が良いのかも知れません。
見えない欲望の渦や不条理な言いがかりに巻き込まれ、泥を被ってしまう事があるのかも知れません。
しっかりしなければならない時でも、急に弱気になってしまったり、そんな時期になるのかも知れません。
また、自分でも訳のわからない理論を正当化して、いつの間にか加害者側になってしまうとか、いつもの自分じゃない自分が現れて行き先を見失い、悪評が立つとか、自己嫌悪してしまうとか・・。
およそ、筋の通った事にはなりにくいのかも・・。
海王星は冥王星に次ぐ天体、全くの予測ですが、できれば避けたい事です。

また、気学を学んでからは風水を実践しています。
座山水位によって気の安定を図り始めてから、家での居心地も良くなって落ち着けるようになりました。
気になる所には盛り塩をするという、邪気を入れないというアクションそのものも安心感に繋がり、やはり風水は侮れないのです。
風水では家相よりも土地の持つ気を重視し、住む人の運命に対する影響は家3、土地7の割合、気学家相ではその逆です。
いくら家相が良くても、マイナスのパワーが宿る土地では開運はできません。
土地の与えるパワーは、思いのほか甚大なのです。
良い気を持った土地ならば、明るく健康的に暮らす事が出来、仕事はますます発展、子子孫孫まで栄える事が出来ます。
欠け張りのない綺麗な良相の土地であったとしても、周囲の人達がどのように暮らしているのか調べてみて下さい。
それは幸せそうに暮らしているか、成功しているかどうかが目安になるでしょう。
プラスのエネルギーは、さらにプラスの気を相乗させます。
マイナスはマイナスの気を呼びます。
しかし、どんな土地でも縁があって家がある以上、あまり悪口を言ってはいけません。
土地の神様の心緒を悪くします。
そもそも人間の縁と同じで、ご縁のある土地には引き寄せられて暮らす事になるのです。
縁が無ければ、早々に出て行く事になります。
今ある土地で開運し、良い縁を引き寄せられるレベルまで行きませんと、さらに良い土地には住む事ができません。
その開運方法とは、ご先祖供養、祐気取り、陰徳を積み清々しい心を保つ事などだと思います。

ままみも、現在のガチャガチャした自然の少ない地域に住むようになったのも、IC双子座の他、元々の月の状態や家を決めたタイミングの配置の影響もありますが、交通の便など良く、商店街も賑やかで、飾らない庶民的な所が気に入っていたのです。
もともと小5まで住んでいた町です。
この土地でもっと良い事が起きる様に、頑張っていきたいと思っています。
海王星による不安定な気配を感じるものの、家族が無事で過ごせて以前にも増して密度が上がっているのは、別棟による家相での改善かも知れません。
海王星の猛威にも対処し、大難が小難に、小難が無難になれば良いと思っています。


野毛山 (13).JPG



nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い