So-net無料ブログ作成
検索選択

ままみが選ぶ心地良い70年代ポップス [音楽]

中学の頃リアルタイムでヒットしていて、思い出すと聴きたくなるサウンドをご紹介


Don’t Look Back(1978年)


ハードロックの中でもボストンの曲は聴きやすく、壮大で伸びやかなギターによって爽快な風が吹きぬけます。
スペーシーなサウンドなのに、シンセサイザーなしなんですって。
そして、宇宙船ボストン号のジャケットの数々がまた、カッコ良い!!
当時は衝撃が走りました。


51u4JnrX1wL__SY300_.jpg


51qQqYD6VnL__SX300_.jpg


51bNnM3ol8L.jpg





Barracuda (1977年)


バラクーダはオニカマスの事で、狙いを定め一直線に襲いかかってくるため、一部ではサメより怖いと恐れられています。
あなた、巨大魚バラクーダみたい、と力強くパワフルに歌っているのはハートのアン・ウイルソン。
ギターはナンシー・ウイルソン。
美人ロック姉妹の、硬派なカッコ良さにしびれました。





After The Love Has Gone(1979年)


アース・ウインド&ファイアーはどれも素晴らしいのですが、一番好きな曲はコレ!
アフター・ザ・ラヴ・ハズ・ゴーン♪
好き過ぎて、聴いているうちに、脳内では美しく光り輝く宮殿まで見えてしまいます・笑



Mysore_palace_illuminated.jpg

                                              イメージ(ウィキより)




nice!(14)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い