So-net無料ブログ作成
年齢域 ブログトップ

天体は成長する(2) [年齢域]

こんにちは!ままみです[ドコモポイント]

前々回に引き続いて、年齢域のお話です。拙い文章ですが、お役に立てるような記事を書きますので、お勉強をされてる方の参考になれば幸いです[わーい(嬉しい顔)]

生まれた時間が分からない方への実占法としては、アスペクトで観るのと、天体の年齢域を特に注目します。

月(0歳~7歳)

水星(8歳~15歳)

金星(16歳~25歳)

太陽(26歳~35歳)

火星(36歳~45歳)

木星(46歳~55歳)

土星(56歳~70歳)

一応このような線引きはありますが、目安としてです。本人の意識によって前後したり、強力なトランジットの星が通過していった天体は刺激を受けで早めに発動するようです。

見方としては、年齢の管轄天体が、どのサインとハウスにいるか、どの星とどんなアスペクトをとっているのかを観ます。なので、今まで牡牛座的な、感覚、物質に重きを置きいた生き方の人が、水瓶座的な、独自性に富んだ、平等に手放す生き方に変わったりもするのです。

そして、例えば金星が華やかな獅子座で、なおかつソフトアスペクトも豊富な方が、太陽の年齢域に掛った時、その方の太陽が乙女座で、アスペクトがハードな場合は大変でしょう。サインやアスペクトが変わりすぎると、境目の年齢を越えるのに苦労や転機が訪れます。

今までお祭りで楽しく盛り上がっていたのに、翌日は現実的にもどって仕事をする毎日が始まった、という感じでしょうか。特に女性は、金星の甘く保護された状態を好みますから、人生の目的を能動的に見つけ出す、太陽の自立した状態を無視した型でやり過ごしやすいのです。しかしどの道、30歳前後のサターンリターン(トランジットの土星が、出生の土星と重なる)が来ると、大きな痛みや方向転換を強いられる事にもなるのです。

30歳にもなれば、誰でも人生の要である、仕事や結婚、出産について真剣に考えたり向きあったりするのではないでしょうか。そこをうまく乗り越えれば、その後の人生も道筋が通り、めちゃめちゃにはならないはずです。

また、傷付いた天体持ちの人が、その天体の年齢ではハードアスペクトで困難な状況にあっても、次に移り変わる天体が、冥王星と120度のアスペクトをとっていると、一度は傷付いてあきらめていた部分が修復され、再生されやすくなります。意識してその天体のサインやハウスの意味する事を、使おうとすると、スムースにいくと思います。

年齢域の天体に、ほとんどアスペクトがなく心細い場合、トランジットのトランスサタニアン(土星外惑星)がアスペクトをとってくると、人生の転機とも言える大きな揺さぶりがやって来ます。逆にグランドトラインなどでしっかりと枠組みが出来上がっている天体は、影響が少ないようです。嵐の日のテントを想像して頂ければわかると思います。

自分の年齢域天体を意識しておく事は、人生の発展に大きく繋がると思います。

そしてトランジットの天体と吉作用の角度を結ぶ時は、星を使いこなすチャンスです。

この時期を狙って就職、開店、結婚など意識して行動すると良い結果が得られます。

チャンスは逃さないで下さいね☆               

CALL95EF.jpg

タグ:年齢域

天体は成長する [年齢域]

生まれ持った出生図の10天体には、それぞれの決まっている年代になると発達し、深い影響をあたえる発達年齢域というのがあります。

生まれた時は、まだ弱く使いこなせない星の力を、一定の時期がくれば目覚めて、力を発揮する事ができるというものです。

月、水星、金星、太陽、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星という、日常的で軽いテーマを表す星から、深い意味を持つ重い天体の順で、人間の一生によりそうように、星が発達してくるのです。

生まれたばかりの赤ちゃんは、月の、感情の快、不快などの基礎的パターン、家族の模倣が刷り込まれ、その都度、無意識に再現されます。

学童期になると、学校や友達との雑多なかかわりの中で、水星の適応力、機敏さや知恵を発達させます。

思春期、青年期になると、金星の、その人の楽しみ方や感受性のスタイルが形作られます。情感が豊かになり、芸術や、恋愛に熱中するのもこの年代です。

学校も卒業し、仕事をし始めると、今度は自分で人生の意義を見出さなくてはなりません。これが太陽の年齢域で、能動的に人生の目的を発見しようとします。

太陽の年齢域で発見した自分の目的を、いかに対外的にアピールするかが、火星の発達の課題点です。働き盛りでは、社会的な能力は大いに関係し、全体を否定して、個人の能力を高める意識に繋がっています。

火星の年齢域で、個人の欲望を社会的に果たす事を発揮した後で、壮年期の木星の年齢域では、人に対して寛容になっていきます。自分や人を、ありのまま許せるようになり、見知らぬ人にも気軽に話しかけてしまうようなおじさん、おばさんになるのです。 

定年退職した頃になると新たな仕事はなく、土星の年齢域に未来はありません。今まで積み重ねてきたものを、崩すことなく平均性を作り出し、特定の生活スタイルが続けられるよう、持続力と安定感を発達させるのです。

土星以降、天王星、海王星、冥王星では順番に、亡くなるまでの区分となります。

これらの10天体を全部使いこなしている人は、皆無に近いといわれます。金星がソフトアスペクトで使いやすいと、いつまでも金星の部分に頼って時間稼ぎをし、アスペクトのない太陽は影に隠れてなかなか発達できないでいる、というようにです。人によって得意な天体と、不得意な天体があり、発達の度合いは異なるのです。

ただし、不得意な天体に冥王星などが重なってきた時は、大きな異変が起こり、自らの力で制御できなくなります。その天体に慣れていないので、コントロールしづらいのです。

その年齢、時期になったら、意識して天体の意味を理解し、使いこなせるようになりたいものです。イメージとしてはでこぼこだらけの人格を、丸く円満にする感じでしょうか。。

星を使いこなすなんて、難しそうと思われるかも知れませんが、意識一つでそれは可能だと思います。トランジットの星と、出生図の星を見比べて、チャンスをとらえれば、星の力を味方に付けたも当然なのです!

CA38OQSP.jpg

タグ:年齢域
年齢域 ブログトップ