So-net無料ブログ作成
検索選択
良い土地 ブログトップ

土地の選び方(2) [良い土地]

昨日に引き続き、土地のお話です[ドコモ提供]

家相の凶相は、風水である程度逃げる事は出来ますが、土地の作用から来る災いは、免れる事はなかなか難しいのです。ある地域では後継ぎの事や、不妊で悩んでいるご家庭が多かったり、ある地域では不倫で悩む家庭ばかりだったり。。大地のもの、そこの地に流れる水の作用は思いのほか強力です。もちろん、穏やかな良い気に満ちた土地もあり、そこに住まわれる方は皆、長寿で元気だったりします。

よく因縁のある土地といいますが、実際知らないで昔の古戦場や処刑場後地の建売など購入すると、不思議な位トラブル続きに見舞われるようです。ままみは霊感が飛び抜けてある訳ではないので、そういう事があると話に聞くだけですが、そのような土地に住まわれた方は、さぞやお困りでしょう。

そのような時は、是非、住んでる土地の氏神様を参拝して下さい。その土地を見守っている氏神様は、そのような因縁に裁きを付けて守って下さります。参拝は欠かさず、日常的に継続する事です。そしてお祭りなどの儀礼にも日頃の感謝を込め参加して下さい。

そもそも、困った時の神頼みは良くありません。困った事などなくても、毎日無事に暮らしている感謝の気持ちを、参拝して氏神様に伝える事です。神様に感謝を述べる事で、気持ちもスッキリと明るくなり、日頃の不満もどこかへ消えてゆくのではないかと思います。

土地を購入する時の注意ですが、競売物件を購入するのは控えた方が良いと思います。何故かと言えば、多くは会社が倒産して売りに出された物で、物件には売った人の無念さが残っているのです。60日経てば気が抜けるから大丈夫という見方も出来ますが、その方が未練や執着がある場合、あまり良い影響はないのです。出来れば、売主が発展をして、もっと大きな家を購入したため、出て行った土地や家を買いましょう。発展の気に与れます。

しかし不動産屋は競売物件を購入し、リフォームをして売りに出すので一般の人には分かりません。なのでしつこく売り物件はどのような内容かを聞いたり、場合によっては近隣の人に聞いて調べると良いでしょう。

事故車も同様です。軽い事故車でしたら買ってしまう方もいるかもしれませんが、その時は吉方の土地の土を持ってきて運転台の下に置いて下さい。

いづれにしても中古の戸建て、中古のマンション、中古の車等は住んでる人、持ち主がわかる物件の方が、内容がすぐわかるので安心です。高い買い物なので、よくよく注意が必要です[ドコモポイント]

CA6P5O25.jpg

タグ:良い土地
nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

土地の選び方 [良い土地]

今日は立地条件についてです[ドコモ提供]

風水の理想的な土地は、四神相応の土地ですが、東京京都など、歴史的にも繁栄した都市は、まさにそれに当てはまる事が多いのに驚かされます。四神相応とは、北に大きな山があり、東には綺麗な川があり、南は大きく開け、西には交通の栄えた都市がある、というものです。

東京は皇居を中心に、北に日光、赤城、秩父と山があり、東には墨田川など川が流れ、南は東京湾で大きく開けており、西は東海道があり関西地方へと続いております。

個人においても、良い条件の土地に住む事は大切なのです。陽宅風水である家相は、家の間取りだけでなく、土地からの影響も観ます。その割合は家相70%地相30%です。

雨が降ったらしっとり、晴れたらカラッとしたした土地は、生きた気持ちの良い土地です。実際土がむき出しで長い間、何も建てられてない土地は、雨、風にさらされて自然のエネルギーが満ちていると思います。[晴れ][曇り][雨]

土地の形ですが、6:4の長方形が理想です。鍵状の欠けがあるのは良くありません。

欠けの方位が、例えば西南だったら、お勤め運、大衆の人気運が落ちてしまいます。政治や芸能の世界でで活動されている方は、ぜひ大切にして欲しい方位です。その場合は、敷地ぎりぎりに建てないで、欠けている土地を補うように、建物で西南を張らせれば良いのです。

また旗竿地、三角形の土地も凶です。特に三角は、九紫火星の象なので、火のようにイライラ、カッカしやすく、不和が絶えない相です。また地位、名誉が上がりません。尖っている部分が東を向いていたら、長男が不良化する事もあります。また実際、何度も火事を起こしている店もあります。住む所はなるべく四角にして余った土地の部分には、樹木を植えたり、人に貸してしまうなどした方がよろしいのです。

火事の跡地も凶相です。焼土と化した土地は草の芽も出ません。土地のエネルギーは火に燃やしつくされているのです。そこにすぐ家を建てると、腐敗壊滅の五黄の気が家の中に入ってきてしまいます。人生に五黄の作用が働いてしまうのです。なのですくには建てずに、三か月以上待ったり、新しい土を入れ替える等して、雑草が生えてくるのを目安に待ちましょう。土地が息を吹き返したら建てても大丈夫です。

大きな庭を造るとしても、大きな石や池は、個人の家には御法度です。大きな石の下からは草も生えないし、気も上がってきません。私たちは大地の磁気作用によってエネルギーをもらっているので、大石が南にあったら南の凶作用という事なのです。池も、水は流れが止まった時から淀みだし、不浄になっていくので良くありません。田中角栄さんの邸宅には、南に特に凶方の、池があったといいます。南は地位名誉、頭に関する方位、ロッキード事件、またご病気になられた事も無関係ではないでしょう。

土地に面した道路ですが、東、次に南が良いです。どちらも辰巳の方位に玄関が造れる事、次に良い東や、南に玄関が造れます。西の場合、西南、西、西北に面しますが、それぞれ、仕事運、お金、主人の運勢にダメージがあります。北の場合も、西北、北、東北と玄関には日が入らず、東北は最も避けたい玄関です。玄関も外も、明るければ明るい程良いのです。陽の気を充満させるために、これは太陽の光でなくても照明でも代用できます。[ひらめき]

良い土地には、良い家が建つものです。それは今いる自分の住んでいるところから、吉方位を探すとホントに掘り出しものや、自分の理想に近い物件が出てくるものです。土地はやはり縁のものなので、直感も大事にして探して頂きたいと思います。[ドコモポイント]

CA8NHYSB.jpg

 


タグ:良い土地
nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い
良い土地 ブログトップ