So-net無料ブログ作成
検索選択
プログレス ブログトップ

未来展望するプログレスの月 [プログレス]

こんにちは!ままみです[ドコモ提供]

最近鑑定させて頂いた方のプログレスの月が、殆どMCより先の10,11,12室に集中していた事に驚きました。
恋愛といったテーマ以外では、今後の仕事について、やりたいことへの方向性など、適性を気にされる方が本当に多く、そういった方はp月が下降の流れの中にあるようです。
プログレスの月は、あらかじめプログラミングされた本人の予定です。運気と言えなくもないですが、本人の自然な生命リズムです。

流れとしては、1室から始めたものを様々な試行錯誤や練磨をし、10室で花開かせます。10室は集大成。経歴のピークなのです。一つの完成を迎えます。
ICを過ぎるまでは孤独な戦いが続き、それを抜けると上昇あるのみ。人は後を振り返りません。
MCに辿り着くまでは自分の内面などを静観したり、顧みる人はあまりいないと思います。目指す目標や、方向に対してひたすら進んでいくといった感じになるのではないでしょうか。
そして頂上まで辿り着くと、あたりの景色を眺めほっとし、後は下山の事を心のどこかで意識し始めます。

この時、成果を出した人も特に出さなかった人も、行きつくところまで来たのだ、と無意識に実感しているのです
そういった事から11室からは余裕が出てきます。
今までのやり方を変えて、遊びを持たせたり、インターネットを介してネットワークなど幅を広げたりし始めます。
それにも飽きると11室は未来計画なので次のサイクルに対しての準備を始めています。
未来に思いをはせて、色々計画を練っているのです。
実際、これからや将来について真剣にお考えになっている方が多かったです。
そして12室の隠れた部屋にp月が入ると、今までの活動に対してそろそろ閉めの展開になります。
この時期、先が読めなくて少し不安な気分になりますが、これまでに体験してきた事、記憶にある事を統合化するために、淘汰され、必要なエキスだけ次のサイクルへ持ちこされるという事になるので、混沌とした時期を送られる方が多いのです。
スピリチュアルがお好きならそういった方面へ、また精神世界へ傾倒される方もいます。

そしてプログレス月が1室に入れば、新しい自分の再デビューといった感じで、全く新しい気分でのスタートが始まります。再びMCに辿り着くまで21年間の旅が始まります。MCで現実化するため、具体的にどうしていくか決めた事やプランを行動に移すスタートの時期です。

MCは21年間やってきたことに対して、結果が出るポイントですが、こういったタイミングで転職したり、リロケーションしてしまうのは、今までの努力が無駄になってしまう事になりかねません。
例えば、10室p月で全てにおいて絶好調だったのに、リロケーションでホロスコープがひっくり返ってしまうと、p月が地下の3室あたりに潜ってしまう事にもなるのです。もったいない事です。
逆にMCの山を降りたくない人は、p月が10室にあり続けるように地球上を移動して回れば良いといいます。

プログレス月が11室にある方、ここは未来への準備室です。
今まで必死になって登って来た時とは違って、余裕を持って自分も世間も見渡せる時期です。
視野が広く、将来の事を考えたり希望を持ったり、夢の膨らむ時期なのです。
滞在意識の観点から言えば、願えば願うだけ実現しやすくなると言われるように、11室12室は滞在意識とも繋がりが深く、普段願っているとアンテナが立って有益な情報が入手しやすいといった感じで、現実を引き寄せやすくなるのです。
いろいろ楽しい計画を練って下さい。
それはきっと、ASC以降のサイクルで活かすことができると思います[ドコモポイント]

100MLT19-PICT0042_PICT0042.JPG


nice!(11)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

プログレスの月で運気の流れを観る! [プログレス]

前回プログレス法について書きましたが、今日はプログレスの月がハウスを移動すると、どのような意識変化が来て、運勢の流れになるか書いていきたいと思います。
プログレスの月はその人の生活状態、心理状態を表しますが、サインだけでなくハウスの意味も是非注目しなければいけない所です。そして地上部分にある月と地下部分にある月では、運気の流れにも大きな違いがあるのです。[ドコモ提供]
[やや欠け月]
p月がASCに来ると
実生活の面で新しい計画が始まります。それは同時に、それまでの目標や生き方の方針が手前の12室で終わっている事を意味します。今まで好きだったものが色あせて見え、興味のなかったものが新鮮で魅力的に見えたり、中には服装や言動まで変わる人もいると思います。まるで古い殻を脱いで新しい自分になった様な気持ちになれるのです。そして新たな自分の生活目標、計画が起こってくるのがこの時期です。
p月が2室に来ると
1室でスタートした新しい計画に似合った物質生活を模索します。それは自分に似合う服探しをするのに似ています。2室は単にお金儲けに走るハウスではありません。その人に合った物質的な生活環境を整えて安心する意味があるのです。
p月が3室に来ると
1室で決まった漠然とした計画や目標を、具体的に発展させる技術や知識を習得するための行動します。そのために新しい勉強や習い事をする人もいるでしょう。
しかし1室から3室までは個人的能力の開発期間なので、大概一人で模索する事が多く、孤独感も募る時期です。3室の終りは谷底のようなICなのです。心の満足や安心感のポイントとしては実は最も居心地の良い場所ではありますが、気持ちを外に向けたい人にとってこのICまでのコースは、だんだんと不安になってくると思います。
p月が4室に来ると
運気は上昇していきます。それまでの個人的な模索は終了し、集団のなかで自分の位置付けをするのです。4室では同意する仲間が出来て、自分の居場所を見つけるので今までの不安感は無くなります。そして集団的な場所に根を下ろし基礎固めをするのです。一番小さい単位は家族ですが、会社などそういった集団に迎えられ、今までの知識や才能をそこを基盤に根付かすという風になります。
p月が5室に来ると
4室での手に入れた基盤を元に、活動に創造的な個性を出したり、色を付けてみたり遊びの部分で工夫を始めます。積極的に楽しみを求める時期です。仕事でも趣味を生かしたい気持ちが高まります。
p月が6室に来ると
もうすぐ地上デビューをするので、対外的に通用するための努力や訓練が始まります。この時期は7室の地上が目前にあるため、地下の自分と比べてしまいどうしても黙々と働く事に対して不満を持ってしまいがちです。それでも我慢して働く事が良い結果に繋がります。4室から6室は人間性や情操の開発期間です。
地下の14年間は目立とうとしても目立たないし、周囲から注目されにくいので、家にいてのんびり趣味にはまりたい人には良い期間です。
p月が7室に来ると
いよいよ地上スタート地点です。、ここから約7、8年位で来るMCまでが、人生の中で最も勢いがあり運気を伸ばす開運期です。この期間は野心的になり、地下のハウスで作り上げてきた能力を対外的にアピールします。狭い集団を表す4室と違うところは、社会に対して心を開くことです。その結果様々な人がチャンスとともにやって来るのです。多くの対人関係が作られる華やかな時期となります。ただし地下の期間での体験や努力が乏しいと、ネタ切れになりあまり飛躍は望めないかも知れません。
p月が8室に来ると
人生上向きだったのが、急におとなしく見えたりします。それは大きな団体に所属したり、関わりを持つ中で、その活動の事に関心が集中してしまうからです。外からは閉鎖的に見えるでしょう。しかし地味に見えるこの時期は、実は最も強力に力を溜めている期間なのです。7室では個人対個人のかかわりが多かったのですが、社会的に強い力を持つためには集団の力を獲得する事も必要だからです。
p月が9室に来ると
8室での拘束に辟易して、そこから逃れたにも関わらず、手に入れた強力な力は失っていません。今度は自由さを求めるため、意識や行動範囲を広げようと思想的な事や海外への関心などが高まってきます。精神性が活発になり、馴染みのある日常よりも抽象的な思考を好んだりします。この7室から9室までは社会的な人格を発達させる期間で、最も運が勢いを増し発展する期間です。しかし次のMCに来るとこの流れは一旦ストップします。
p月が10室に来ると
その人は山登りで頂上に来たという時です。頂上のMCは社会においての到達点を表します。10室から12室まではこれまでのサイクルの統合化を図る期間に入っていきます。10室は社会集団の中に、個人というものが吸収されていくのです。9室で感じていた自由な可能性の広がりは打ち消され、役割や仕事の中に個人も生活も埋没してしまう事になります。しかし、この社会の中では競争が繰り広げられ成果を出す事にエネルギーを使います。
p月が11室に来ると
10室的活動に飽きてきます。これまでの活動での先が見えてきて、自分の望むものはここにはない、と実感をします。限られた職場、限られた役割から逃れようとし、人生の価値観は自分で開拓し実践したいと望みます。結果志を同じくした仲間と理想を語り合ったりグループ活動を始めたりする人もいます。
p月が12室に来ると
10室で作り上げてきた地位や形を壊していきます。これは悪い意味ではなく新しいサイクルに備えるためです。12室にp月がある間、多くの人は精神世界やスピリチュアルな領域に関心を抱いたりします。それは1室から連続して追求してきた、その人の人生のテーマの中から、一番大切な部分を抽出する作業と言えるからです。取り出したら残りは価値のないものとして捨ててしまい、大切な本質の部分だけ次の1室からのスタートに持ち越して引き継ぐのです。
[やや欠け月]
ままみは今月p月がASCにやって来ました。これは気持ちを新たに頑張る良いチャンスの時期です。今は新しい目標に向けての計画が始まろうとしていて、これから12のハウスが意味するテーマを、時間をかけ消化して行きます。MCで成果が出るようにと、気長な旅が始まったばかりという感じです[ドコモポイント]
 
028.JPG

nice!(10)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

ホロスコープの体内時計 プログレスについて [プログレス]

ホロスコープで未来予知する方法の一つにプログレス法(進行法)というのがあります。その中でも一番多く使われているのが一日一年法といって、出生図の一日後の図を生まれて一年後の運勢と観るものです。これによって、だんだんと本人の中で性格が変わってきたり、趣味嗜好が変わってくる状況などを読み取る事ができるのです。同じく未来予知法のトランシット(経過法)は外部からの出来事による影響ですが、プログレスはあくまでも内面からの変化による影響で、まるで体内時計のようなものです。[ドコモ提供]

両方を見て未来の影響を予測しますが、やはり基本は出生図を元にします。占星術の原則に「出生図は人生における全ての事を表し、また出生図にない事は起こらない」とありますので、出生図にあるソフトアスペクトの幸運な星に対して、トランシット、プログレスのハードアスペクトの不運な星がかかった場合は、それほど心配するような事態にはならないと思いますが、出生図にハードアスペクトの不運な星がある場合、トランシット、プログレスが切っ掛けで、大きく表面化したり現実になってしまうので注意が必要です。その時期になったら充分警戒しなければいけないと思います。

またプログレスは、起こる事態の心理状況の準備、トランシットは事態の引き金として考えます。どちらかが良くてどちらかが悪い場合でも、相殺して作用が無くなる訳ではないので、結果としては傍目にも気の毒な事態が起きていたが、心理的には意外とラクだったという場合と、表面はそれ程波風が起きなかったものの、精神的には追い込まれて辛かった、というような事になるでしょう。

またプログレスで使う天体は、動きの速い太陽、月、水星、金星、火星の5天体です。影響は0度が一番大きく、もしなければ180度、90度、120度の順で観ますが効果は弱くなります。そしてプログレス同士、プログレスと出生図の天体同士のアスペクトで判断します。トランシットとプログレスのアスペクトは普通は見ませんがもしピッタリの場合であれば、やはり天体の勢いは付くと思うので考慮します。そしてプログレスの場合は、オーブはピッタリか1度と狭く取ります。

プログレス(以下p)太陽は大体1年で1度進みます。ゆっくりですがその人の目的意識を表すので非常に重要なのです。何のために生きているかという事を提示してくれるので、生きる目的が見つけられないという人はp太陽から検証していく事をお勧めします。p太陽は30年経たないと次のサインへ移行しないので変化が分かりづらいと思われるかもしれませんが、その場合は一年ごとに違う意味を持つサビアンシンボルを読むと、細かい方向性を捉える事が出来ると思います。また出生図の天体にp太陽が重なると、その天体の意味を明るく公認するのです。例えば金星と重なれば、喜びや楽しみを追求するし結果、結婚や出産、趣味を仕事にするといった方も出てくると思います。ご自分のp太陽がサインやハウスを越えた時は、目的意識が変化する時ですのでこれからの事を考えてみるチャンスだと思います。

p月は2年半で一つのサインを移動し、27年半で12サインを一周します。月はもともとその人の生活状況、心理状態を表しますので現在どのサインやハウスにいるかで、今一番関心がある事、自分の立ち位置などを確認する事が出来るのです。

p水星p金星p火星はp太陽の進行速度と前後して進みます。しかしこの3つの天体には逆行があり、順行に比べ内面的な部分を発達させるのです。天体が逆行すると、何のために行うかという目的が失われがちになり、過去の事を反芻して考えたり繰り返したり、じっくりと取り組むというスタイルになると思います。p水星は仕事、勉強の変化。p金星は趣味や異性の好み、感性の変化。p火星は行動傾向ややる気の問題を表します。

またプログレスは相性の面においても見逃せない部分です。付き合った当初は0度や180度、120度で惹かれ合ったり好感を持っていたとしても、数年経って90度の関係になると関係が壊れる事があります。プログレス以外でもシナストリーで強力な座相があればその限りではありませんが、異性のタイプが変化するというのはプログレスに起因していると思います。

ままみは3年程前からp太陽が、蟹座から獅子座へやって来ました。気を使う性質だったのに、やはりあまり回りに我慢しなくなり、なるべく好きな事をやって生きたいという獅子座の目的意識が表れてきたのを実感しています。ただし6室なので細かい所に目が行ったり、周りから望まれている事はそつなくこなしたいと思っています 。[ドコモポイント]

042.JPG

 


nice!(14)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い
プログレス ブログトップ