So-net無料ブログ作成
検索選択
12サイン ブログトップ

インコンジャンクトの関係性 [12サイン]

インコンジャンクト(150度)はマイナーアスペクトなのですが、その影響の大きさが見逃せないため、メジャーアスペクト扱いへと脱しつつあるようです。[ドコモ提供]

150度は扱いがなかなか難しく、下手するとスクエアより理解し合えないといった組み合わせなのです。
三区分も四元素も二要素も共有していなくて、隣同士でもなく最大限離れているというサインの組み合わせなので、ほとんど共通項がありません。

インコンジャンクト同士のサインは性質がまるで違うので、相性や、本人の中で太陽と月の組み合せになった場合、折り合いが難しいと思います。
膝を突き合わせ話し合おうとしても、2つの違う言語を通訳なしで対話している風なものだろうし、戦おうじゃないかといっても、ボクシングと剣道といったスタイルでやってきて、なかなか試合場にも上がれないような感じになるのではないでしょうか。

衝突や対立というのでもなく、食い違い的といったような150度は、内面の微妙な部分の調整をしなければいけないという関係なのです。
この矛盾を調和的にするには、どういったところが違っているのかサインの性質を知っておいて、意識して手立てをする必要があると思います。

150度は、一度受け入れたら、大変メリットの高いアスペクトです。
違う次元の要素をその天体に取り込めたり、今まで相いれなかったサインに幅や可能性を持たせることができますし、120度の予定調和的な発展性はありませんが、努力によって相手のサインを再評価し、自分の偏って不十分だった性質を補い合えるという関係にもなるのです。
しかしそうするには、地のままではいけないという事です。
食い違いの部分など観ていきますと・・・


牡羊座乙女座は、荒々しさVS繊細さ 

まず自分ありきなのが牡羊座。考えなくてもまず本能で体が動きます。
これに対し、プランを練って頭脳で納得してから行動する乙女座。
行動を起こす時のスピードが違うので、せっかちな牡羊座は、乙女座をおいてけぼりにするかもしれません。
乙女座はそんな牡羊座を見て、小うるさく批判するかもしれません。
直感的でがむしゃら、荒々しいエネルギーを持つ牡羊座は、まず自分ありきで、人の後を追うのを嫌います。
これに対し乙女座は、自分の能力を自他のために有効に役立てる事に喜びを見出し、決まり切った反復も厭わない完璧主義者、理論で武装します。
2つのサインが相入れるには、全く馴染みのない世界に飛び込んでいくくらいの必要性があるかもしれません。
どちらも武装するのはやめて、エゴは一時忘れるようにしましょう。


牡牛座天秤座は、職人VSコンパニオン

どちらも美意識が強くロマンチストで、心地よい事が好きというサインですが、興味や表現が人に向けられるか物質に向けられるか、この違いは大きいです。
外見やムードを大切にしスマートさを基本とする天秤座から見ると、牡牛座は現実的で少し鈍臭いなあと感じてしまう事があります。
牡牛座は、触感など肉体を通しての感覚を大切にし、実際見て触れるものを通して物事を理解します。
職人さんが多いのもこのためで、一度決めた自分の価値観を曲げようとしません。
天秤座の関心事は、他人の行動や周囲の人達の心理で、仲介役など頼まれたら喜んで引き受けます。
お互い望むものは違いますが、共通項としての美意識がありますので、その価値観を認め合うのです。
一緒に芸術に触れるというのも良いかもしれません。
天秤座と仲良くするには、牡牛座は頑固さを改めもう少し柔軟になる事。
天秤座は、牡牛座を付き合わせようとひっぱり回したりせず、(牡牛座は無理に何かをさせようとするとへそを曲げてしまいます)まずは牡牛座のペースに合わせ、得意の社交術で気持ちを開かせて下さい。


双子座蠍座は、浅い理論VS深い感情 

深刻な話は嫌い、当たり障りのない気楽な会話、そして理屈で納得したらそれ以上面倒くさい事は苦手とする双子座は、蠍座の意味深な言葉も、さらっとうけ流してしまうため、蠍座は拍子抜け、箸にも棒にもかからず相手にし難い相手でしょう。
双子座は、軽くて面白いその場限りの関係をつくるのは得意ですが、同じ関係を長く続けるのは苦手です。
情報も刺激を求めて広く浅くを求めがち。
蠍座は、謎めいていて外部から内面世界に侵略されるのを激しく嫌いますし、興味のある事は狭く深く追いかけます。感情は極端で、愛と憎しみは激しいものがありますが、一度恋人や友人になれば、献身的に尽します。
双子座はこのような蠍座の深い感情移入を、理解しづらいまもしれません。
双子座の得意とする説得方法は、奥の奥を見抜く蠍座には通用しません。
騙されないので決して嘘はつかないで下さい。
蠍座は考え過ぎずもっと気楽になる事、束縛も控えめに。
双子座は気持ちを集中し、蠍座の中にある奥深い感情にも興味を向ける事です。


蟹座射手座は、家庭人VS旅人 

どちらのサインも、本能的で直感的、また行動的で野心的な性質は共通しています。
しかし蟹座は、常に感情というフィルターを通して物事を理解しようとします。
気分屋なので、正論であっても、わずかな感情のニュアンスによって好き、嫌いのふるいにかけてしまう事も。
柔らかく傷付きやすいため自己防衛本能が強いですが、ひとたび仲良くなれば相手には心地よい安心感を与え、相手との安らぎや思い出を何より大切にします。
一方射手座は、外の世界や哲学的な領域へ、興味の向くまま旅をしているようなさすらい人のような生き方です。精神的な自由が必要で、束縛も嫌います。
あちらがダメならこちらがあるさと諦めも早く、一つの感情に関わっていません。
射手座は、蟹座の優しい甘やかしを気に入ってますが、蟹座は実はストレスをためてしまいます。
射手座は粗雑さや鈍感さで蟹座を傷つけていないか気を配りましょう。
蟹座は独占欲や怒りやすさを控えめに。
蟹座は射手座のフェアプレイの精神を、射手座は蟹座の忠実心を、お互いのそういった点を尊敬しあえるようになると良いと思います。 


獅子座山羊座は、輝きたい人VS到達したい人 

どちらもプライドが高く、仕事をするからにはトップに登りたい願望のあるサインですが、称賛を与えてくれる取り巻きに囲まれ、部下に恩恵を与えられるような指導者になりたいと思うのが獅子座。
下積みから努力と忍耐によって這い上がり、管理職などピラミッドのてっぺんの座につこうとするのが山羊座です。夢に生きているか、現実を直視しているか。
山羊座は下積みでも将来の夢に繋がるためなら耐えていけます。
しかし獅子座は人生にロマンを求めるため、ドラマでもない限り、厳しい現実は受け入れがたいかもしれません。
これは輝く太陽と、厳格な土星の組み合わせです。燃えている火に土をかけると一瞬で消えてしまいます。
山羊座は獅子座の夢やロマンを理解してあげましょう。
山羊座はいつか山の上に到達する日のために生きていますが、獅子座は今日というこの日を生きて輝かなければならないのです。
獅子座の自慢話や見せびらかしに嫌気がさしても、崇拝されたい尊敬されたいために一生懸命なのです。
そのくせデリケートで、裏切りなどにあうとくじけてしまいやすいのです。
山羊座は自制心があり、現実的なので、なりふり構わずの苦労や困難でも成長の糧としてしまえるしなやかさがあります。
獅子座は山羊座の持つ孤独感を理解してあげましょう。
しっかり者に見えても、一人でいろんなものを抱え精いっぱい頑張っているのですから、優しい労いの言葉など心に沁みるはずです。
まるで共通項のないサインですが、お互い外の競争社会といった事からは遮断された、プライベートな世界を作り上げる事です。仕事の話は一切せず、この組み合わせは、私生活の楽しみだけを追求するようにしましょう。


乙女座水瓶座は、近視VS遠視

どちらも理論派で、分析力に長けているのですが、視点がかけ離れている傾向が。
細かい部分に目が行きすぎる乙女座は、見えない所も見て気にしてしまう事もあります。
繊細なのですが悪く言えば重箱の隅を突く傾向が。
一方水瓶座は視点が大きく、逆に足元をおろそかにしてしまいがち。
高みから俯瞰しているようなものの見方をするので、時に偉そうに感じるかもしれません。
乙女座はささいな事で気に病みますが、水瓶座は一時、やり過ごして終り、後は忘れてしまいます。
このように見方の違うサインですが、どちらもコミュニケーション能力に長けているのが強みです。
水瓶座は異なる視点からも見ることができるので、乙女座に自分の視点を適合させるも出来ると思います。
そして水瓶座が面白い事をし始めたら、乙女座はそれを批判したり分析を始める前に、まず楽しんでしまいましょう。
乙女座は水瓶座の自立心を妨げないはずです。
乙女座も一人の時間を大切にし、有意義に過ごす事のできるサインですから。
宇宙人とも言われる水瓶座は、実際的ではない実情と合わない机上の空論を振り回している事がありますが、さり気なく乙女座が現実を示してあげられるので、お互いメリットの高い関係性だと思います。


天秤座魚座は、バランサーVSスピリチュアリスト

どちらも優しくロマンチストで、優柔不断というサインですが、完璧に理解し合う事は多分難しいでしょう。
天秤座が全ての人に平等に、誰からも喜ばれようとしてバランスを取るのに対し、魚座は自分たちの世界だけを見て、主観となるものだけを一緒に見ていきましょう、とひっぱりこもうとします。
せっかく二人になれたのに他の人に優しくしている天秤座を見て、魚座はイライラしてしまうかも知れません。
天秤座は自分の外見など、外から見える自分を気にしますが、魚座は自分の主観を大切にし、人の心には敏感なものの、外からの見られて自分はどうだろう、といった視線はあまり気にしないと思います。
自分が良いと思ったスタイルが何より一番心地良くいられるのです。
こういった魚座を見て天秤座は、しなやかで素敵だな、と感じます。
2つのサインの守護星、海王星と金星は、平和を愛し夢を見させる天体なので、一緒に楽しい事をし愛情に特化すれば、食い違いなど気にならない程調和できるかもしれません。
魚座はスピリチュアルな星、何より共感する力が強く、懐が深いのですから。


蠍座牡羊座は、影の支配者VS表番長

どちらも情熱的ですが、支配的になるという部分でも一致してしまうので困りのもです。
一度燃えたら完全燃焼する牡羊座、ケンカをしても翌日はけろっとしてますが、蠍座の場合下手するとくすぶり続け、一生恨みを忘れない、なんて事もあります。
牡羊座はこれくらい言ってもと、自分の場合のように考えない事です。
蠍座は冷たい無言の凍てつく視線だけで、牡羊座を黙らせてしまう事ができるのです。
また牡羊座は、なだめても脅しても蠍座本人がやりたくない事をやらせる事は不可能だという事に気付きます。
牡羊座は衝動的に行動し、欲しいのもを掴みますが、蠍座は徹底的に注意深く、ひたひたと近付き行動します。
牡羊座は蠍座が、本当は何を考えているのか分からないし混乱する場面もあると思います。
このサインの組み合わせは、お互い触れてはいけない部分はしっかりとわきまえておく事です。
牡羊座は蠍座の、言葉にしない部分も聞きとることができれば上手くいくと思います。
おそらく主導権を握っているのは表面では牡羊座ですが、本当は蠍座が主導権を握っているというケースが多いのではないでしょうか。


射手座牡牛座は、ウサギ(ケンタウロス)VSカメ(牡牛)

全く歩調が違う組み合わせなので、一緒に何かするという場合かなりの協調性が必要です。
射手座はまだ見ぬ世界へ冒険の旅に出かけたいし、牡牛座は日差しの溢れる草原で、綺麗な花に囲まれながら草をはみはみし、のんびり過ごしたいのです。
単純な裏表のない射手座は、悪意のないケンカや議論を好みます。
むしろその刺激でお互い腹を割れるし、元気になれるとさえ思っているのです。
しかし平和主義の牡牛座は、自分の興味のあることにしか意識を向けたくないので、そのようにはいきません。
射手座は人の気持ちには結構鈍感で、牡牛座を傷つけてしまう事もありますが、牡牛座は事を荒立てるよりは黙り込んでしまいます。
沈黙に耐えられない射手座は全てを話して欲しいと怒りますが、牡牛座は一旦決意をしたらそこで終わりです。
これでジ・エンドでは困りますが、射手座の鈍感さと牡牛座の頑固さがぶつかるとこういった事になりかねないのです。
この場合は最も恵み深い木星と金星という守護星の力に救いを求めれば、最悪な事態にはならないはずです。
射手座は、牡牛座の誠実さ、粘り強さ、官能的な魅力に目を向けましょう。
牡牛座は、射手座の楽観主義、包容力、精神性には憧れるはずです。
お互いに自分にないものを尊重し合うという事が大切です。


山羊座双子座は、和みリストVSハジケリスト

まず立場に対する考え方が違います。山羊座は、努力して得られたステイタスや地位を宝物のように大切にし、自分のお役目を最後まで責任を持って果たそうとしますが、双子座は決められた役割の中に、自分が当てはめられるのを嫌います。双子座は人から期待されると気が重くなるのです。
いつも自由な立場で、気の向くまま風のように動いていたいんです。
義理堅い山羊座は、こんな双子座を理解できないでしょう。
双子座の、めまぐるしく変わるいろんな考えに追いついて行くのも大変です。
山羊座は引かれたレールの様な、常にゴールを見据えたビジョンを持っているので、双子座の落ち着きのなさ、脱線したハジケぶりを、時には羨ましく感じることがあります。
まっすぐな山羊座は、たまには自分もは外れてみたいといった気分になる事があると思います。
一方、神経過敏で疲れやすい双子座も、落ち着いた山羊座からは一時の安らぎをもらえると思います。
また計画通りに進めることが苦手な双子座は、山羊座の計画性を称賛し、自分もまねたいと思うでしょう。
時には山羊座を退屈だと双子座は感じるでしょうが、山羊座が答えを出すまで、双子座はじっと留まっているようにしましょう。
そうすれば実際山羊座が、どれだけユーモアにあふれ信頼できる相手なのか、山羊座は双子座が、実は誠実な面もあるのだという事を、発見できると思います。


水瓶座蟹座は、アンドロイドVSヒューマン

水瓶座は狭い地域だけにとらわれず、もっとグローバルな広い社会の繋がりに目を向け、友愛の精神を発揮しています。そして身内には案外無愛想で距離があります。
蟹座はまず、足元から始まる家族への愛情を何より大切にして、外部の人達にはまず警戒し排他的になる事があります。うち面、そと面の良さが逆なのです。
水瓶座は、蟹座の独占欲や、少しの感情でも大げさに泣いたり怒ったりする様子を冷めた目で、人間的過ぎる・・・と思う事でしょう。
蟹座も、水瓶座の世間の常識や掟には縛られず飄々と生きている様子や、感情より理論を優先させ予測できない反応が返ってくる思考回路を、人間ぽくない・・・と思う事でしょう。
違いを乗り越えるため、蟹座は外に目を向けもっとオープンに、水瓶座は蟹座の話をじっくりと耳を傾けて下さい。
二つのサインが興味を向ける共通項は、おそらくPKOなど人道的な立場としての活動でしょう。


魚座獅子座は、ミューズVSアポロン

この組み合わせは、どちらが主導権を握るか疑問の余地もありません。
獅子座が魚座を傷つけたりしなければ、魚座は全く気にしないでしょう。
しかし獅子座が尊大になり過ぎて、あれこれ指示したり、服従を求めると、魚座は一生懸命合わせようと努力しますので、自分は不当に扱われてると感じ犠牲者の気分になってしまいます。
そして無意識の世界に逃げ込むべく、アルコールに浸って現実を忘れようとするかも知れません。
二つのサインの共通項は、どちらも寂しがり屋で自信がなく、(実は人から認められたがる獅子座も)それぞれの行動は、実は同じような感情から発生している事が多いのです。
そこを理解すれば、お互いの良き理解者になりえるかも知れません。
魚座の夢やビジョン、音楽や芸術は、獅子座のクリイテイブな欲求を刺激しますので、二人は創作活動に打ち込むのにとても良い相性だという事が出来ます。


いかがでしたでしょうか。
自分とは異なる相手を理解し、思わず出てしまう地の部分を、意識してすり合わせる事で大分関係が良くなるのではないかと思います。
150度は1室から見た6室ですので、訓練や教育で磨かれる、という意味があり、うまく使えばサインや天体の持つ性質ををレベルアップできるのですが、実はこれだけではありません。
1室8室の関係もまた150度ですので、共通項も全くないのに訳もなく本能的に惹かれたり、性的に惹かれるといった事も起こりうる関係なのです。
人は自分にないものを求めるといいますが、やはりこの場合もそうだと思います。[ドコモポイント]


PICT0022.JPG



nice!(11)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

家庭的なサインと個性的なサイン [12サイン]

12サインの中でも蟹座は家庭的な平凡さに幸せを感じるサイン、また山羊座は集団の中に身を投げうっても組織の存続、繁栄を望むサイン。この2つのサインは良い意味で普通が大好き、人に迎合し平和な家庭を築きやすいサインです[ドコモ提供] 

反対に目立ってなんぼの獅子座、人から浮いててなんぼの水瓶座は平凡さとはかけ離れていています。あまり家庭的とは言えません。

人と変わった事がしたい資質の人が、専業主婦等で平凡な生活をしていると精神的に壊れるのではないかなどど杞憂される方もいらっしゃるのではないでしょうか。サイン的には獅子座や水瓶座が強調され、アスペクトもトランスサタニアンなどとハードを持つ方は普通では飽き足らない事を求めがちなので、そういったお悩みは多かれ少なかれあると思います。

毎日変化のない生活、人と同じくする事を強いられるのにこのサインの性質は時にストレスを溜める事があります。星のエネルギーはどこに向けたらよいのか分からないのです。

また家庭とか仕事とはちょっと外れた未来的な目的を持つ11室、何か楽しいクリエイティブな活動がしたくてたまらない5室に天体が多く集まり強めの人もそういった傾向が出てくると思います。

なにか認められ称賛されたり目立ったり、非日常的な事を求めてしまうのでこういった欲求が満たされ無ければ意に反して家庭での波風が吹かないとも限りません。

普通の人が追求しないような、範囲を越えた、型にはまらない活動。。お勉強や事業を始める、趣味の活動などなど、それは何なのか人によって様々だと思います。

自分の好きな事を追い求め、活動していると自然にイキイキ出来るのでしたらぜひ頑張ってそういったスタイルを作っていって欲しいと思います。

家庭的でないとは、良く言えば向上心に繋がる性質です。何ものでもない自分が何かになれるという喜びを求めているのかもしれません。専業主婦の方はそういった自分と向き合い上手に家庭と両立させていって欲しいと思います。

また木星金星など拡大天体と月がハードは、分を超えたもっと良いもの、もっと贅沢なものを求めがちで質素な生活には不満を抱えがちです。一生を通じて満足感は長続きしないので、この性質をあらかじめ踏まえたうえで、限度を超えそうになったら追い求めない方が良いと思います[ドコモポイント]

100MLT19-PICT0133_PICT0133.JPG

 


nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

12サインと音楽ジャンル [12サイン]

今日はいつも楽しくてためになるコメントを下さるsako先生から、星座と音楽についてのリクエストを頂きましたので、それについて考えてみました。私は聴く音楽の分野がとても偏っていますし音楽知識が狭いですが、サインの性質を元に考えてみました。[ドコモポイント]

火のサインは、燃え上がるような勇ましい音楽。壮大で興奮できるような音楽。

[牡羊座]牡羊座、火星は勇気と戦の星なので精神を鼓舞するようなマーチ、スピード感あふれるメタルロックも。

[獅子座]獅子座、壮大で荘厳なクラシック、典礼儀式的な宗教音楽、ミュージカルやオペラなど演劇関連の音楽。

[射手座]射手座、空間や広がりを感じさせるようなフュージョン、自由に空を駆けるような表現のエレキギター、グローバルな意味でのワールドミュージック。ダンスミュージックも。

土のサインは、王道をいく古典的な音楽、クラシック、耳に心地良い自然派の環境音楽。

[牡牛座]牡牛座、心地よさ、温かさ、美しさにおいて満足できる音楽、イージーリスニングなど。クラシック音楽愛好者が多い。12サイン中、一番聴覚に優れているので音楽の趣味はうるさい。

[乙女座]乙女座、上手くまとまっていて清々しく若々しい歌、ジャパニーズポップス。CMソングなど実用的な流行歌も。

[山羊座]山羊座、バロック音楽、形式化しているクラシック。古典雅楽、グレゴリオ聖歌。

風のサインは、飛び跳ねているリズム、音階が変わったり転調したり自由で風が吹くように軽い音楽。

[双子座]双子座、歌詞なんて分からなくても大丈夫、ノリが良くてリズムやビートがきいているロックやヒップホップ。

[天秤座]天秤座、優雅でムードのあるシチュエーションが似合うジャズやスタンダードナンバー。大勢で楽しめるアニメソングや歌謡曲も。

[水瓶座]水瓶座、人工的で無機質的な音楽、イメージは80年代のテクノサウンド、ニューウェイブ。クールなアシッドジャズ。国境を越えた民族音楽をミックスしたような新しい音楽。

水のサインは、メロディ重視の美しい音楽。情感を揺さぶられ聴くと癒される音楽。

[蟹座]蟹座、地方の土着的な民族音楽、民謡。集団の気持ちを一つにするような歌、国歌、社歌など。懐かしくて落ち着く音楽。みんなのうた的な童謡も。

[蠍座]蠍座、情熱的なサンバやタンゴ。魂が感じられるブルースやレゲエ。演歌もどっぷりつかれば蠍座は癖になる。

[魚座]魚座、癒しのヒーリング音楽。歌詞でジーンと泣けたり、人々の心を温めてくれたり、70年代の名曲といわれるようなフォークソングもこのイメージ。

音楽の趣味はホントに人それぞれですし、気分によっても聞きたい曲、そうでない曲とありますね。多分寂しい時、落ち着きたい時は月星座の気分で曲を選んでいるし、やる気が出ている時は太陽星座で聴いているのではないでしょうか。また恋愛をしていたり好きな人の事を考えている時は金星星座、バリバリ仕事をしたい時、イカっている時は火星星座の好みで曲をチョイスしているのかもしれませんよ。[ドコモポイント]

CAWZ3QEJ.jpg

nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

12サインを三区分ごとに分けてみました! [12サイン]

今日は三区分ごとに12サインの性質を見ていきたいと思います。火、土、風、水の素材がどのように働くかで分けると、その違いがくっきりします。[ドコモ提供]

表現の厳しいところもありますが、あくまでも12サインの三区分における性質の違いがストレートに現れた場合とお考え下さい。

活動宮 (スタートさせる活力、維持する力には欠ける)

牡羊座 活動宮の火なので、精神的な独立性。周りの反応を全く必要としません。無から有を生み出せる発想力があります。人生の中で反省の経験をしてもなかなか変われません。子供のようなキャラクター。自分の体にムリをする人が多く、スピードレーサーアクションスターに牡羊座が多いのは、牡牛座サイン(身体)は次なので、まだ魂が体の中に入ってない状態であり体という実感や認識がないからです。

蟹座 活動宮の水なので、常に新しい感情が沸き起こっています。古い記憶も、その時の気持ちを伴って新鮮に蘇りやすいでしょう。激しい感情過多な部分も。相手が共感してくれるタイプじゃないと得も言われぬ怒りがこみ上げたり、寂寥感にさいなまれたりします。知らずに気持ちの押しつけをしている事もあります。

天秤座 活動宮の風なので、対人関係を常に新しくかき回します。対人関係をあらゆる角度から楽しみ尽します。人を生かすことで、自分も生きる事を知っています。たとえ眠くてもだるくても、人に対して細かく反応してしまいます。相手の動きを見逃しません。

山羊座 活動宮の土なので実務においての活動性。具体的な現場、地域社会、職場に活力を注ぎます。一度仕事を始めると、飽きないよようにああでもない、こうでもないとマメにネタを探したり仕事を上手く続けられるように工夫します。将来の地道な計画を立ててその通りに実行しようと努力します。

不動宮 (固定し維持する能力、変化には向きません)

牡牛座 不動宮の土なので、物質に対する執着心が強いです。掴んだら離しません。増やすという事はしても減らすという事は牡牛座の辞書にはありません。対人関係は次の双子座で出てきますので、人に対する執着はないのですが、人を所有物と見なす場合は強い執着が出てきます。

獅子座 不動宮の火なので、型にはまった情熱や理念を持ち続けます。演劇やダンスも型にはまった表現ですし獅子座の表すところですが、繰り返し公演が行われ観客に見てもらう事で、人にだけでなく毎回自分も同じ感動や興奮を味わい維持する事が出来ます。

蠍座 不動宮の水なので、感情や他人との一体化の固定化です。不動宮のしつこさが人に向かいます。一度好みや趣味が決定されるとほとんど変更しないし時代の風潮にもお構いなしになることもあります。気を許した相手に、自分のテリトリーに侵入されることを拒まない代わりに自分も同じことを要求します。

水瓶座 不動宮の風なので、風に対するこだわり感です。一見爽やかそうに見えて、物質や感情にもこだわりはないのですが、風の意味する理念、考え方、生き方の方針みたいな部分では変えようとしません。習慣とかでも、これは体に悪いよと言われても、何?という感じです。人類愛には満ちていても、個人的感情の水の部分で深入りしないので冷淡になりがちです。

柔軟宮 (要求に合わせて動ける性質、決断力に欠けます)

双子座 柔軟宮の風なので、風の知識や情報に対して方針が一本化していません。刺激を受けるとぐるぐる変化します。目的があってもふらふらと道草したり、関係ないところへはまったりしています。首尾一貫していないのであちこち分散して収拾がつきません。メリットとしては予測できない突然の変化に対しても、さほど傷付かないし対応も早いという事。逆に常に変化を待っているという感じです。

乙女座 柔軟宮の土なので、土は実務としてその柔軟性。細かい作業が得意です。しかし、細かいところにはまった結果、大局を見失いますので、補佐役としての位置があっています。実務的な力を、場面場面で合わせ人の役に立つ事で生かそうとします。

射手座 柔軟宮の火なので、思想的、抽象的な事が柔軟。一つの事に思い込まない性質です。いろんな考え方を比較したり、調整する能力があります。考えがまとまってきても他の可能性に目を向けるのです。精神が柔軟であり双子座をグレードアップした形といえます。

魚座 柔軟宮の水なので情緒、情念が柔軟。異質な人とも結びつきやすい性質です。くっつく、馴染むという性質を持ち、気持ちもよく変わります。人の好き嫌いは、口で言うほど好みには関係なく、同調しているうちに情が移ったりしやすいのです。

12サインの意味はとても深くてまだまだ言葉に尽せないだけに、分類しながら考えた方が特徴がスッキリと出る気がしました。ままみは柔軟宮と土が多いので、情報は分類して形にしないと落ち着かないタイプです[ドコモポイント]

甲府のお水取り 044.JPG


nice!(11)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

12サインの三区分、四元素、二要素とは?? [12サイン]

占星術を勉強する上で、12サインを三区分、四元素のグループごとに当てはめると、サインの性質がよりはっきりします。[ドコモ提供]

三区分とは活動宮、不動宮、柔軟宮の3つ。 

活動宮は、春分点、秋分点、夏至点、冬至点4つの始まりの位置を表すので、それぞれの元素の活力を生み出す、とても活発なサイン。おとなしくしている事がありません。常に言いだしっぺ。根拠ないところから始められるのです。 常に活動していて停滞する事がありません。欠点は物事をおおげさにし、同じ事を続ける事が困難で、活動のための活動で無駄な動きが多い点です。そして四元素の性質は枯渇することなく活性化し続けるので、一番エネルギッシュです。 

不動宮は、確実性着実性を好み、同じことを繰り返し続けられます。むしろその事によって力を溜めているし、生きている実感がわくでしょう。繰り返し同じ事をしないと確実とは言えないので、しつこく何度でも繰り返します。価値観の固定化や執着心は強く、安定感があります。欠点は変化に弱いところです。

柔軟宮は、基本的には平和ですが、腰が据わらなくて常に変化し続けるので周りの意見に振り回されやすいです。方針を維持する事が出来ません。良いところは変化に強いので、それを生かしてあらゆる調整役にもなれます。 

次は火、土、風、水の四元素です。 それぞれの元素がストレートに現れた場合として、こういう感じなのだなと思って頂ければ良いと思います。お互いの足りない部分を次の元素で補っています。

火は精神性 独立性。上昇志向が強く、常に上を目指します。相手に対してあまり気を使わないし、突っぱねる性質があります。人の反応もあまり気にしません。例えば火の水星、まず相手の意見に異を唱えますが、しばらくした後やっぱりそうかなと納得したりします。

火に欠けている実際性を、次の土の性質でフォロー

土は実際性。感覚とか現実に見えているものしか認識しません。また一か所に集中させたり、まとめたがります。自分の守備範囲を超えるものに対して面倒くさがったり嫌がったりします。 

土の一点に固まりすぎる保守的な部分を、次の風でフォロー 

風は知的なもの理念的なもの。視点が分散化して多角的に物を捉える事が出来ます。欠点は集中力も分散させるので、風の元素ばかりだと収拾が付きにくく、特に柔軟宮でもある双子座が多すぎると精神的に危うくなってきます。 

風の統合化できない部分を、次の水がフォロー 

水はくっつく、混じり合う性質。水は器に入れると異質なものとも渾然一体となって、分離不可能です。なので一体化したり相手に合わせたりする順応性がとても強いです。また相手の反応を気にします。例えば水の水星は誰かが何かを言った後、間違ってると思っても、そうですねといってしまうでしょう。小さい範囲であれば男女、その次は家庭、地域、国と広がりますが、水はそのような集団化に関係します。和気あいあい、親しみ、愛着は水の性質です。

水に欠けている精神性、独立性を火がフォローします。

そして二要素です。

男性サインは奇数のサイン。積極的に自分から働きかける事が出来ます。外に飛び出したい、聞くよりは自分で言いたいと思うサイン。例えば獅子座は特に人の話を聞くのが苦手で相当の忍耐力がいるでしょう。自分から常に発信したい、表現したいと思っています。 

女性サインは偶数のサイン。外からの印象や刺激を吸収して、エネルギーを内向させます。外には飛び出せない感じです。特に蠍座は外に表す事なく、何十年も同じ気持ちを秘めていたりします。

ままみは8個も女性サインがあるので、占いの勉強も聞くというばかりでしたが、9室(お勉強)のサインが蠍座から射手座へと代わっているので、吸収する側から今度は吐き出す側としてブログを始めたくなったのだと思っています。

これらの三区分、四元素、二要素をキチンと抑えておくと、12サインの意味がはっきり掴みやすくなります。これらの元素などの偏りで大体どういう傾向の人かというのも大分掴めると思います。[ドコモポイント]

甲府のお水取り 041.JPG

 


nice!(13)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

十二星座と九星の共通点、ままみの主観 [12サイン]

今日は、いつも鋭い発想で、さすが!と思わせて頂けるマインさんのコメントを受けての記事を書かせて頂きます。十二星座と九星の共通点、面白いので考えてみました。[ドコモ提供]

ホロスコープにはASC(生まれた時の東の地平線)DSC(西の地平線)MC(南点)IC(北点)がありますが、考えてみると、気学の東西南北それぞれの象意と一致している事が多いのに改めて気付かされました![ひらめき]

九星の定位盤の東にある三碧は、草木が芽吹きぐんぐん成長していくような活気と若さを象徴しています。ホロスコープでの東のナチュラルサイン、牡羊座は生まれたばかりの全く新しいエネルギーを表します。どちらも若さ、元気、活気を表します。人物では若い男性で一致しています。

南の九紫火星は、社会的な地位名誉を象徴。MCも仕事を表します。山羊座は社会性を重視し社会的に上り詰める事を最終目的であるとしています。

西の七赤金星は、飲食、享楽、社交、恋愛結婚が象意。天秤座の守護星である金星の意味と一致しています。また人物像はどちらも若い女性です。

北の一白水星は、もの事の始まり、暗くて見えないものを象徴。どんな環境においても水は方円の器に従うで馴染んでしまいます。蟹座の位置するところはICで真夜中。家の中など個人のよりどころを表します。蟹座はルーツを大切にし、相手と同化する水の性質を持っています。

こうしてみると細かい意味合いは省くとして、気持ちいい位大筋の意味が一致していますね!気学を知っておくと占星術へも移行しやすいかもです。またその逆も同じです。

東から昇り西へ沈む太陽を、人の運命や一生、性質になぞらえ、古今東西いにしえの人々も同じような気持ちで空を眺めていたのでしょうね。

そのほかの九星を無理やり十二星座に当てはめてみると、

四緑木星天秤座。どちらも社交的で八方美人。優柔不断で物事を長引かせるという性質ですね。風という象意やエレメントでも共通していますし、結婚という意味も一致しています。 

二黒土星、慈しむ大地を表す星なので 牡牛座 乙女座あたりでしょうか。使役、労働をつかさどり役割を果たそうとする点も乙女座と合っていますね。また家庭や母を表すところは蟹座にも共通しています。

六白金星獅子座。六白の天は動いて休まずから太陽。リーダーシップがあり親分肌、気前がよく細かいところにこだわらないのは獅子座そのものです。

八白土星、蓄財運、溜めこむ性質、山のように頑固という事で牡牛座。気が変わりやすくて変化改革という点では水瓶座も。

五黄土星蠍座。物事を一旦壊滅させてから再生する土の力ですよね。闇の帝王といわれる冥王星五黄土星イメージがピッタリです。

これはあくまでも私の主観&思い込みで書かせて頂きました。いろいろご意見もあると思いますが、その時はどうぞご指導お願い致しますね。[ドコモポイント]

甲府のお水取り 055.JPG


nice!(10)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い
12サイン ブログトップ