So-net無料ブログ作成

「空き家について」の続き ~トランジットとの検証も合わせて [風水]

去年、「空き家について」で、記事にさせて頂いたのですが、我が家の東側の空き家の取り壊しが先月から始まりました。
2月、3月と、吉方位である東へのお水取りにせっせと出かけ、凶運を撥ね退けられるよう、吉作用の運気を貯金してきましたが、やはり教義通り、東を表す卯の月に方位現象が現れ、待ち望まれた取り壊しが始まりました。
これまでなるべく気にしないように心がけていましたが、1日も早く、といった気持が正直な所でした。

振りかえりますと、一昨年の猛暑の頃、お年寄りだったお隣のご兄弟が続けて亡くなり、その頃時期同じくして、これも以前「ままみのセルフ鑑定」で記事にしたのですが、子供のやる気がみるみる急降下し、投げやりになっていきました。
最初、隣が空き家になった事と、それほど結びつけず、今までの子育てのあり方や内面に原因を探っていました。
しかしそれ以降、私としてもどうも気持ちが悪く、嫌な気が感じられるのです。
家にいる時はいつも、背中の左側が重く圧迫されているような違和感に悩まされました。
空き家は風水的にもマイナスですし、東は長男の定位であり、どうにかならないかと思っていましたが、幾つかの奇怪な現象も起きてきました。
誰も入っていないベランダの履物が、隣の家方面に向いていたり、締め切った家の中にあるウィンドチャイムが、風もないのに突然鳴ったり。。
私は霊感は殆どないと思っていましたが、実は結構気配には敏感で、見えはしませんが何ありそうとか、そういった気はよく感じられるのです。
ある夜、火の気もないのに、きな臭い、白い煙が見える、とご近所の人が騒いで話しをしていた時に、1年以上放置されて、いったいこの空き家はどうなっているのかと、翌日、民生委員の人に連絡をとりました。

そしてお隣のいとこにあたる方に連絡をして頂き、その方からは、跡継ぎが無いので、家の処分は全て弁護士さんに任せてあると聞き、それならと、紹介された弁護士事務所に連絡をしたところ、未だに遺骨があるので勝手に家を処分できないと言われ愕然としました。

そんな事なの?!きっと浮かばれないで訴えていたに違いない。
道理で、と思うのと、今までそんな環境の場所に居合わせてしまったのかと、大変なショックを受けました。
家が密集している東京で、周りは集合住宅に囲まれ、うちとお隣だけが密着しているような環境です。
誰にも知らされず、供養もされず、ただお骨だけが真っ暗な空き家に1年以上放置されていた事実があったと思うと、大変気分が悪く恐ろしい気持ちになりました。

もう、早く何とかするように弁護士さんにお願いし、家で祓いのような事も始めました。
境界線にお清めの塩を撒いたところ、あるものを発見しました。
黒い人毛のようなかたまりで、砂利の上から生えていたように見える得体の知れない物が!ゾゾゾ。。。速攻処分です。
するとその日の午後に、突然いとこにあたる方が、今までご迷惑かけました、お墓に入れますので、との旨を伝えに来ました。
お清めしてからは、まるでスィッチが入ったように事が動きだし、やっと光明が見え始めたといった気分でした。

知り合いの家では、亡くなったペットの犬を、お骨のままで家で持っていて、家族に怪我や病気が絶えなくなったそうです。しかし入るべき場所に入れてからは、すっかりそのような現象はなくなったとの事です。
やはり、死んでからも想いは残るのです。ペットでさえです。
肉体が無いだけで本質的な魂は残りますから、何か想いがあれば、訴えたり伝えたりしようとするのでしょう。
しかし、それが多少感じられた所で、他人の私にはどうもしてあげられないのが事実。
何か分かってくれそうだ、などと思われても、頼られたりすると後々が大変です。
修行を積んだ霊媒師のように、訴えかける霊に応えるだけの力量と覚悟が備わっていればまだしも、そうでなければ心身ともにきつく、怖い現象に悩まされてしまうでしょう。
私は、こういった霊的な事が身震いするほど全く苦手ですので、ここはきっぱり何もしてあげられない、そう念じて来ました。

亡くなった後、人間は素直に自分の死を受け入れる人と、疑って、そんなはずはないと成仏できない人がいると言います。
死んだら一切が無になると思っている人が、実際そうなってみると、気持ちはそのまま残っているため、自分が死んだと思えない人もいるそうです。
これは生前から目に見える事が全てで、あの世の事など全く信用しない人に多いとの事。
こういったタイプの人や、または何かしら未練が残っている人は、長期間に亘ってこの世に留まり続けますから、地縛霊としてさまよう事にもなってしまうのです。
葬儀をしてお経を読んだりするのも、あなたは死んだのですよ、と繰り返し繰り返し伝える事であると言います。
その様子を見る事で、自分は死んだのだから居場所はここではないと悟り、成仏していけるそうです。
自分の死を最初から悟れる人ばかりでなく、自覚するまで時間をかけ、徐々に現世の未練を断ち切っていく人もいますので、繰り返し営まれる法要には、こういった目的があるので大切なのです。
仏事は、死者に引導を渡すための重要な儀式です。決して手を抜いたり出来ないと思います。

また、人は死に際が大切だと言います。それは、死ぬ直前の心のありようがずっと続くからです。
恨みを残し、強い執着のまま亡くなったとすれば、その心は永く続くので、苦しい思いをしなければならないでしょう。
亡くなってもその人の本質は変わらないのだとしたら、生きている時分から日常の暮らしや、普段の心の持ち方を軽くする事が大切なのだと思います。
人には、いつその時が来るのか分かりません。
心穏やかに感謝をしながら、迷わないように、自覚をもって逝きたいものです。
また、残された人には迷惑をかけないよう、生前から出来るだけの事はしなくてはいけません。
お墓の事、遺産の事、きちんと後の人に引き継がなければ、結局回りにも迷惑がかかるのです。

このようないきさつがありましたが、お隣の方の遺骨は無事に父母のお墓に収まったようで、ひと安心しました。
我が家はこういったお家の隣に、たまたま住む事になってしまいましたが、しかし、これもまた縁です。
嫌な思いをしたけれど、長い目で見れば、そこから沢山学ばせてもらったと思えるようになればと思います。
あらゆる縁には無駄なものはない、そう思い暮らしていければ、心穏やかに過ごせる気がします。

そして現在ですが、東からの眩しい太陽の光が降り注ぐようになり、それに連動するように、長男の重い溜め息が減り、気持ちが上向きになっていくのを感じています。
部活でも、新しい学年で部長を務めるようになり、顔の感じも以前と違っているのが分かります。
長男のチャートでは、去年から、4室海王星にT土星がスクエアという配置でした。
私は、お隣の方が亡くなられた時期に、8室にT土星、11室冥王星、5室N金星でタイトにT字スクエアを形成。
どちらも土地に関した、霊的な作用を受けやすい配置です。

私は、これまでにまだ身近な人の死には直面していませんが、今回の事で、人が亡くなると言う事、自分が亡くなる時の心構え等、真面目に考えざる得なくなりましたし、これも8室T土星の作用が及ぼした影響に他ならないと思っています。
5室の金星は、子供に投影していたと思いますが、T冥王星が180度のオーブを外し抜けつつある今、気付けば、子供に対する認識や接し方、考え方、気持ちが、以前と全く変化し、価値観がクラッシュ&ビルドされていました。

当たり前に優しくする。
当たり前に望む事をして上げる。
当たり前に、全てを受け入れる。

この当たり前、というのは無条件と同義語です。
外の世界は厳しいのだからと、子供を甘えさせないという考えの方もいるかも知れませんが、この厳しい世の中、親が甘やかさなければ、誰が一体甘えさせてくれるのでしょう。

また、子供の自己イメージを高く保つ事、これは子供にとって絶対マイナスにはなりません。
もし、それを外でくじかれたとしても、自分で折り合いを付け解決できると信じて上げる事。
親はそんな時、慰めてあげれば良いと思います。
くじかれる前から親がくじいてしまうのは子供の可能性をつぶすようなものです。
大切にしているという気持ちを常に表現する、ウザがられてもめげずに。。
それによって嫌な気がする子はいません。
親は子供を想い、心を砕く事で、まるで、それに応えるように伸びていってくれると思います。
もちろん負担に思われない程度にしなくてはいけませんが。。。
こんな当たり前の事を改めて実感したのです。

愛情を表現する事を心がけていると、子供だけでなく、自分も心が暖かくなっていくのを実感しました。
優しくする事に、世間の刷り込みか、潜在的なものなのか、抵抗のようなものがあり、素直に母親としての愛情が示せていませんでした。
しかし、本来の蟹座の金星の性質を、T冥王星が洗い出していってくれました。
私は本当は、このように子供と接したかったのだと言う事に気付き、おかげで、今では、母親でいる事が大好きな自分でいられます。
本当にこれも、冥王星の通過のおかげだと思っているのです。

そう言えば去年の12月10日の月食は、4室太陽の上で起こっていた事も思い出しました。
家庭や不動産について、何かしら変化が起きる可能性を示します。
気学でも、今年私は、不動産や家庭を象意とする艮宮に回座で、関わりが深い年です。
それも、以前から東北や八白の吉方取りをして来ましたので、今年は象意である良い変化、子供運が良くなるという運気が受け取れます。
今後のトランジットでは、私の4室に、T金星T木星がダブルで通過し、月や太陽の上に重なっていきます。
取り壊しもスッキリした所で、自分の家がきっと居心地良く、快適になっていくのだろうと思いますし、これをきっかけに家での楽しみ事がもっと増していくと思います。



100MLT19-PICT0135_PICT0135.JPG



nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

空き家について [風水]

風水では、家相だけでなく周辺の環境も重要視します[ドコモ提供]

皆さんは、隣が空き家になった場合、どうお感じになるでしょうか。静かでよいとか、気を使わずに済むなんて思っていらっしゃいませんか?
人が60日以上住んでいない家は、生気がなく、どこか寂れて見えます。庭の木も精彩なく、家全体に漂う気が暗く沈んで、停滞しているように見えます。
早く言えば、前を通っただけでも陰の気が漂い、不快な感じがするのです。

例えば物でも長い事、人が使っていない物はどんよりし、衣替えにと1年ぶりに夏服などを出してみても、なんとなく湿っぽいしひんやり感じます。
人や物質は、見えないけれどエネルギーを放出しています。
人が使っていない物や空き家からは、死んだ気が漂います。家も物も、人の手が入ることで初めて生きてくるのです。
空き家は治安が悪くなるだけでなく、風水的にもNGで、周辺に悪影響を及ぼしかねません。

家相の間取りだけを良くしても片手落ちで、やはり環境はとても大事で、活気があるかどうかというのは是非見るべきポイントです。
辺境な土地の方がいいと思う方も中にはいらっしゃるでしょうが、人が住む場合、ある程度はにぎやかで気の流れが良い場所、気持ち良いと感じられる場所の方が発展の気に与れるのです。

環境と言う事で言えば、お子さんがいるご家庭では特に、やる気を生み成長、発展を促す東側から、才能や直感が働き、頭の冴えに関係する南側を大事にして頂きたいと思います。
この清々しく勢いのある太陽の光が昇ってくる東側に、どよんとした廃墟や墓場などがあった場合、また、明るい太陽の力が沢山降り注ぐべき南に、山があったり、自宅よりも高いマンションが建っていたりすれば、どうでしょうか。
窓を開けるたび、なんとなく心は沈むし、明るい未来に向けて努力をするよう頑張ろうにも、やる気をそがれると言った事になるでしょう。
これは若い人にとって、結構な精神的ストレスになります。

私の家も長男の定位である東側が、かれこれ1年以上空き家で放置されています。
去年の異常な暑さのせいもあったのでしょう、お年寄りのご兄弟が二人続けて亡くなられたのです。死後、何日かして民生委員の方に発見されるという孤独死の状態でした。
お子さんがいらっしゃらないため、相続する人が出ず、御骨も未だ家の中にあると言います。

仏様には全く罪はないですが、ちょっとここでは書きたくないような、ホラーな怪奇現象が3回ありまして、どうしたものかと思っていましたが、自分でどうにかできる事でもなく、風水的な処理で、どうにか無難に過ごせるようにしたり、祈ったりしていました。
玉埋めなど土を深く掘る事は、時期が来ないと方位的に無理ですので、座山水位で家に良い気を呼び込む事、霊符を持ち歩く、境界線に塩を撒きお清めをする、地元の氏神様にお参りをする、また、東側の凶作用が軽くなるよう、三碧の吉方位取りをする等を続けていました。

昨日もお水取りをしたばかりでしたが、先ほど、突然お隣のいとこにあたる方が訪ねてきて、御迷惑をかけていますと、今後の予定等話して下さいました。
年内には遺骨を父母の墓に埋葬し、その後、空き家は管財人が付いて競売にかけられるだろうと言う話です。
去年の9月から、頑張り屋の長男が失速し、やる気がでないと悩み始めましたが、御隣の方が亡くなられた時期と重なっていました。
占星術の方でも、ASCに土星が乗ってプレッシャーとして感じたり、その土星が4室の海王星とスクエアを取って、土地や家の事に起因する不透明な不安感を感じ取り、見えないものの作用を受けやすくする、などどいった時期と重なっていました。

私は、こういう運勢の時期だからこそ、こういった環境の中で生きる事になったと言う方が正しくて、環境がこうだったからそうなった、と言うようにはあまり考えないようにしています。
進学して、部活を2つかけ持ちしたり、生徒会に入るなどはしていますが、溜息ばかりの憂鬱な毎日で、やる気の出ない自分を振り切るように、無理しているようにしか見えませんが、いつか本気の活力や、前向きの気持ちが湧いて、人生楽しいと思って生きてくれる事を願っています。
今月は、長男のP月もICを抜け上昇します。
まだ、時間がかかりそうですが、ひとまず、御隣の方も安らかに眠れる日がやってきますので、安心したところです。

我が家も来年は、明るい気持ちで正月を迎えたいと思います[ドコモポイント]

江古田.JPG


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

八卦鏡の使い方 [風水]

今日は久しぶりに風水の話です[ドコモ提供]

風水では中の家相だけでなく、家の周囲を取り巻く環境も大変重視します。
良い気の流れる環境の良い土地に家を作れるのがベストですが、そういったところはなかなか巡り合えないものです。あったとしてもそこには居を構えている人がいて、住んでいて気持ちのいい場所ほど土地を手放したりしないものでしょう。
しかし私たちは、環境が良くないと思いながらただ手をこまねいてるだけではいけません。
引っ越し改築など大変なエネルギーを使う事をしなくても、凶をなるべく抑え、人工的に整えてしまおうというのが風水の目的なのです。

家の周囲の環境で凶作用を及ぼす形状(形殺)は様々ですが、例えば尖ったもの、角ばったものがこちら側に向かってくるイメージのものは、風水では特に忌み嫌うものです。
例)隣や向かい側の建物の角がこちらに向いている。
  玄関の前に電信柱がある。
  袋小路やT字路の突き当たりの家。
  カーブ状の道路の外側に建っている家。。。などなど

尖ったものは刺されるという感覚を引き起こすため、目にする度やる気を失ったり、抑圧されたり、落ち込んだり、無意識のうちに精神面でのマイナスを引き起こしていると思います。
一番最初イヤな気がするなと思っていても、人間とは順応性がとても高い生き物なので、毎日見ているうちにいつか慣れてしまいマイナスの気にも鈍感になってしまうのです。
しかし悪い環境の中、殺気に犯されているわけですから、理由も無く気分が落ち込んだり、頭痛など体調不良に陥ったり良くないことが重なり、もしかして、と思うものなのです。

それを化殺という方法で凶を跳ね返したり、もみ消したりの処置をするのが様々な風水アイテムです。
それ程お金をかけずともちょっとした処置で、するのとしないのとでは大違い。
こういった尖角衝射の形殺には、普通に入手できる八卦鏡で処置してみましょう。

鏡は普段何気なく使っている道具ですが、古来神秘的な力があるとされ神様の依り代とされたり、異空間への入り口とみなされたり、大変な特殊アイテムであったのです。
八卦鏡には、凹面鏡、凸面鏡、平面鏡とありますが、使い方さえ間違えなければ大変良い効果を発揮してくれるものです。
風水で運を上げるための鏡の置き方は難しい、間違えると怖いといったイメージもあると思いますが、やはりパワーが強いので、使う前に良く注意する必要があると思います。
風水の流派も様々、3種類の鏡の使い分けも微妙に違っていますので、おおむね一般的にという事で説明します。

凸面鏡は、光を拡散させるので、悪い気を跳ね返す効果があります。
強力に凶の気を跳ね返す作用があるので、建物の角がこちらを向いている、電柱がある場合などの尖角衝射に向けて使います。
使い方を間違えると、お向かいの家に悪い作用が及んでしまいますので、人が映り込まないようにして下さい。
屋内に掛けるのはご法度で、玄関のドアの真上や、屋外の壁などにかけるのが普通です。
風水の本場、香港ではポピュラーに使われているようです。

凹面鏡は、光を集めるので悪い気を収縮させ、凶をもみ消す作用、像が上下さかさまに映る事から悪いものを反対に良くする効果があるといいます。
やはりこの場合も、凶を吉に転化させる事から、尖角衝射などが映るよう外に掛けます。
環境が良い場合は、良い気を沢山取り込めるため家の中で使われる事もあります。
自分にとって良い方位に窓がある場合、その窓が映るようにして良い気を吸収し増幅させたりします。

平面鏡は、凹面鏡凸面鏡の効果をずっとソフトにした良いとこ取り。凹面鏡凸面鏡より気軽に使えるのではないでしょうか。悪い気は跳ね返し、良い気は集めてくれます。
忌み嫌う場所など、悪い気を跳ね返したければ外に向けて、良い気を集めたければ部屋の中に向けて掛けると良いと思います。基本的に屋内に掛けます。

ただし玄関や部屋の場合、扉を開けて真正面に顔が映るのは絶対避けましょう。
玄関から見える邪気を除けたい場合、入って来た人の顔が映り込まないように正面よりずらして下さい。
映ると悪い気だけでなく人をも跳ね返してしまうので、客人が来にくくなる事はもとより、家の人も帰りにくくしてしまいます。
また、サイドに置いた場合でも首が切れて映るのは良くないです。大きさにもよりますが、上半身より上が映るようにしましょう。観葉植物が映り込むのは吉です。

玄関に八卦鏡、正しく使えば照明も増幅するので雰囲気も明るくなり、観葉植物も置けば相乗効果で吉相の玄関になるという効果を期待できますよ[ドコモポイント]

養老渓谷への旅(H21.8.15~16)姉崎天神山古墳  015.JPG


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

木には神が宿る [風水]

泥棒は鬼門から入るといいます。[ドコモ提供]

東北が凶相の家は泥棒に入られやすいのです。そのような時はヒイラギを植えると泥棒よけになります。また裏鬼門の凶相も抑えてくれるので、是非おススメです。

紅い実をつけるナンテンの木も、見た目に可愛らしく、縁起の良い木として人気があります。

植える時は、土の気が大きく動く土用期間は、もちろんの事避けて、その年の凶方位(五黄殺、暗剣殺 歳破)に当たる位置には植えないで下さい。また出来たら、家の御主人の吉方に植えれば、良い気を発してくれます。

あまり建物に近いと、木が湿気を呼ぶので配置を考えましょう。そして、清浄な日光を採り入れる妨げになるため、東側から南に掛けての大木は凶相です。

また、西北の木だけは家に覆いかぶさっても良いのです。 西北の木は大きくなればなるほど家を守ってくれる尊木になってくれます。しかしあまりにも大きな木で、家の全方位に掛ってしまうのは良くありません。急に沢山切らないで済むように、日頃から手入れをしましょう。

西北から北、東北に掛けては竹が良い相性です。東北にトイレなどあるお宅は是非竹を植えて下さい。竹はエネルギーが強く、浄化作用もあるのです。 竹が入っている水は濁らないといいます。ままみはまだ試してませんが、入手したら、ご報告します。

竹が生い茂る家は繁栄するといいます。家が発展する縁起の良い木なのです。ただし、結構な敷地がないと、強靭な地下茎が地を這うように伸びていくので、お隣さんの敷地、または家の基礎部分にまで、竹の子が芽を出さないとも限りません。大きな鉢に植えたり、ブロックで囲うなど工夫が必要です。

木の神様は毎年十二支の方位の木に宿ります。今年は寅年、寅の方位に神様が降りているのです。切り倒す事は言うまでもなく、枝下ろしもしない方が無難です。少しの剪定なら良いですが、切りすぎないように、気を付けて下さい。

太歳方位の木を、根っこから切ったり掘ったりするのは絶対いけません。木に殺されるといいます。特に東北の木が一番怖く、切って倒れた木が、足の上に落ちて、それがもとで亡くなられた方もいるそうです。

十二支方位の木が、もしも枯れてしまったら木の神様もいないので、片付けても大丈夫です。逆にそのままにすると腐敗壊滅の五黄殺の気が充満してしまいます。

枯れ木の方位が、良い月、良い日、土用期間以外の日に、お酒とお水を根元に上げてから取り除きましょう。

また太歳方位の木でなくとも家の改築等で、木を切らざる得ない時は、前もって(分かっていれば1年も2年も前から)謝り続け切って下さい。切られる時木は泣くといいます。家を建て替える旨を告げ、お酒を根っこに上げ続けるのです。木はお酒が好きなのです。特に松はお酒が好きといいます。

ただし家の解体をする時は、60日以上誰も住まなくなると、住む人の気が抜けて、家は生気をなくし死んだようになり、庭の木も元気をなくします。その時に切るのなら良しとします。

木も生き物です。私たちと同じようにエネルギーを持って生きています。長い長い間、風雪に耐えた一生、最後の時まで考えて大切にするのは、風水の理に適っていると思います。[ドコモポイント]

CACF0RSD.jpg

タグ:庭の風水
nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い