So-net無料ブログ作成

カピバラ家族 [動物]

またまた間が空いてしまいました。
ままみのマイブームは相変わらずせわしなく去来していますが、鑑定は几帳面にこなしています。
今、甘く可憐なスミレの香りの虜になり、香り集めに夢中です。

そして大好きな、大宮氷川神社。
清々しい気が漂うケヤキ並木の長い参道を進み、境内に入ると、そこはまるで俗世間から切り離された空間。
ここに御座します神様の、大変格の高い御神気と慈悲深さが伝わってくるようで、神殿の前に立つだけでありがたく、浄化されて自然と涙が溢れてくる、そんな神社です。
関東、武蔵国一の宮、緑に囲まれた大きなお社は圧巻ですので、機会がありましたら参拝されては如何でしょう。
その際に、公園内の動物園にもぜひお立ち寄り下さい。

氷川神社の森の中に位置する、大宮公園小動物園。
小動物と言っても、熊もいるしハイエナもいます。
その中で癒しのカピ様達は、今日もの~んびり。


「カピバラ 祝2歳! 2年前の大宮公園小動物園」
>6月15日はカピバラ三兄妹、ピース、チェリー、ラ・メールの2歳の誕生日でした。おめでとう。
2年前の生後7日目の様子です。そして3週目には、もう、しっかりと泳いでいます。
2014.6.21 と 7.6 大宮公園小動物園にて<


可愛い盛りの仔カピ達の、やんちゃな動画です。
まったりしたカピバラも、ちっちゃな頃は人間の子供と同じように、ちょろちょろ動くのですね。
泳ぎも上手ですが、どこか危なっかしいと感じるのでしょうか、コハル母さんは優しいまなざしで後を追っています。
2年前までは、こんなにチビだったピース(長男)、チェリー(長女)、ラ・メール(次女)の三兄妹。
ヤマト父さん、忘れ形見の仔カピ達は、今では立派に大きくなりました!


ヤマトは、仔カピ誕生から一月もしないうちに、天国に旅立ってしまいました。
この動画の数日後には、もう・・。
公式サイトの飼育日誌には、最期の様子、亡くなられた原因など細かに書かれ、ブログにしては異例の報告、飼育員さんが、どんなに辛い思いだったかが伺われるようで胸が痛みました。
言葉を話せないヤマト、辛かったね。
動物達は体の不調があっても、ギリギリまで元気を装うので、ヤマトも最後の最後まで頑張っていたのだと思います。
自らに課せられた繁殖の使命を全うし、仔カピ達の誕生を見届けて、最後に幸せを感じながらこの世を去っていった、そう信じたいです。
可愛い仔カピ達をこの世に授けてくれて、ありがとうヤマト。



「カピバラ朝の健康チェック?」
>スタッフの指示どおり、右に左にゴロンゴロンしています。
2016.8.6 大宮公園小動物園にて<


人懐っこく、わざわざ柵の際まで来て撫でさせてくれる事があります。
水に入って濡れている事もありますが、それもご愛敬。



「カピバラ ラ・メール2歳の秋 大宮公園小動物園」
>ホテイアオイの髪飾りが妙にお似合いのラ・メールでした。
2016.10.2 大宮公園小動物園にて<


ホテイアオイをもしゃもしゃ。
エリア内の池には何匹もカメさんがいて、お食事タイムにはご相伴に与るちゃっかりカメさんの様子も見られますよ。(冬眠前)


・・・気がかりなのは長女のチェリー、1歳のお誕生日の後に左目を失う大けがをしてしまい、なんと1年半もフェンスを隔てた離れで暮らしています。
どうか同居が上手くいき、皆と仲良く暮らす事が出来ますように!
1日も早く、良い展開が訪れるようにと願っています。
皆様、動物園にお立ち寄りの際は、数々の試練が起ったにも関わらず、変わらない癒しを与えてくれるカピバラ家族に、どうか温かい励ましのパワーを送って上げて下さい。



この記事もどうぞ!
「カピバラの包容力は天井知らず
動物界のお釈迦さま的存在のカピバラに集まる動物たち」
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52215204.html


カピバラは、モルモットを大きくしたような生き物だとつくづく感じます。
和名も「鬼天竺鼠」(オニテンジクネズミ)と言う名ですが、鬼には程遠い生き物。
この鬼はもちろん大きいという意味のオニです。
柳原可奈子さんの、オニ熱いかんねと、使用法は大体同じです・笑



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

今年は午年(馬の話題) [動物]

新しい年が明けました。
皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

動物の中で一番好きなのは?と聞かれれば迷わず馬!なので、クローズアップされる今年は嬉しいです^^

優しく澄んだまなざし、優美な筋肉、巨大で勇壮な姿、それでいて従順、人とともに生きる姿には惚れ惚れします。
幼い時から私は、馬の絵ばかりを描いていたそうです。
なぜなのか分かりませんが、前世で深い絆を持った生活をしていたのかも?などと想像しています。
今でも馬の絵は得意なんです。
しなやかな筋肉の線には、躍動的な美が溢れています。
馬に魅入られている人は多いでしょうね。
生まれ育った東京から父親の実家のある埼玉に引っ越しすると、隣の市にはなんと乗馬クラブがあり、中高時代通っていました。
日曜日はお弁当を持って2鞍ずつ乗馬し、お尻の皮が剥けるくらいのお馬さん三昧の青春を送る事ができました。
ジュニアですが、県の大会に出ていた事など良い思い出です。
馬場馬術の中でも正確さを競う上品な部班競技より、タイムを競うジムカーナが好き、荒々しく人馬一体となる感覚には燃えます。
中年になっても、重くてゴメンネ!と謝りつつ、ルネサンス棚倉、東武乗馬クレインなどで機会があれば乗っています。

特に好きなのはヘビーホース。
実際にお目にかかったのは馬事公苑のイベント、チャグチャグ馬子くらいだったと思いますが、競走馬よりもばんえい馬、がっしりとした、まるで重機の様な骨格を持つ重種が好きです。



ペルシュロンのチャンピオンを競う大会の様です。
毛並みも筋肉も惚れ惚れする立派な馬たちだな~。
特に首の太さには堪りません!

ペルシュロンはフランス原産。
大きなものでは体高2メートルを超え、体重は1トンにもなるそうです@o@
性格はおとなしくて鈍重、非常に強い力を持ちます。
その強い力を生かし馬車馬、挽馬、ショーなどで活躍します。
またイギリス原産のシャイヤーなどは脚のふさふさ(距毛)が特徴。かっこいいね~♪

u325_3ph3_2009.jpg


その他もブルトンなど、重種は名前からして萌え~♪です。
大きさに圧倒、とてつもない力に圧倒。
力がとても強いのに、馬は臆病な心を持っています。
乗馬クラブのお馬さんも繊細で音にも敏感。
強い風による電線のうなるような音に、パートナーだったサワカゼ号は制御不可能になり、強風の冬場はよく落馬してました><

そして一押しアニメは、テレビ東京、火曜日朝7時半に始まる「マイリトルポニー」。
http://mylittleponyjapan.com/

めちゃめちゃおしゃれで可愛いですよ~☆
馬を主人公にする世界観は海外っぽいですね。
きゃりーぱみゅぱみゅが、グッズ集めている様子を以前おしゃれイズムで見かけましたが、これは、きゃりぱみゅもご推薦と言う事でしょうか(笑)
特に惹かれるのは、シャーマン的なキャラクターのゼコラさん。
プリミティブなお尻のタトゥーも魅力です。

con_shot_zecora[1].jpg


これは、世界一美しい馬に選ばれたというトルコのお馬さん。
透き通った黄金に輝く毛並み、神々しいですよね。
まるで生きた美術品のよう。
どのような幸運な方を乗せているのでしょうね。

95db6e3d-s[1].jpg


そして、数が少なくなった農耕馬の今後が気になります。
長い歴史の中で農耕馬達は人間の元で黙々と働き暮らしを支えてきましたが、近代では機械化に押され今では姿を消しています。
このまま過去の生き物になってしまっては、あまりにも寂しいです。
走るのはちょっと遅いけど気は優しくて力持ち、大きくてずんぐりむっくり、可愛いお馬さんは、人の心を癒すパートナーとしての役割もします。
新しい役割を見出され、再び繁栄してくれる事を願っています。

今年も良い一年でありますように、午年にちなんで馬の話題でした☆


nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

モルモット愛 [動物]

海外の方は、特に熱いモルモット愛に溢れているのでしょうか。
ドッグショー、キャットショーのように、モルモットショーなるコンテストが盛んな様です。
また、映画でも2010年、「スパイアニマル Gフォース」という
モルモットがヒーローのディズニー映画がありました。

紫SIKIBUという、光GENJIをリスペクトした?竹馬に乗った
雨上がり決死隊、世界のナベアツによる竹馬アイドルユニット、覚えていらっしゃいますか?(笑)
面白かった割に、いつの間にか消えてしまいましたが、テーマソングを歌っていました。
映画は、メジャーにはなりませんでした。


そこで
モルを愛でる熱い心を感じた動画を貼りました。



他にも「酔っ払いチャーリー」という動画も笑えたのですが、不快な部分など色々問題がありそうで・・・
でも気になる方は検索してみて下さい。


小さいけれど、癒し効果抜群のモルモット
ままみは特にスキニーちゃんがお気に入りで、部屋にも壁掛けを作り飾ってますが、ぱもぱもは、オイルを塗られて焼かれてしまうやきぶた君はダメや、毛モルがいい、と言い張ります。
実際はスキニーちゃんは焼かれません。子豚の様なので偏見です(笑)
定年後は、公園にモルモットを連れて出没し、モルの伝道師として子供たちに「可愛いでしょ」と広めると言っています。



nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

やきぶたパラダイス [動物]

この可愛らしい生き物、見て下さい[exclamation×2]

子豚ちゃんのようですが、スキニーギニアピックというモルモットなんです。
実際、ぷい~ぷいぃぃ~[るんるん]と餌をねだるらしいので、まるで手乗り豚ですね[わーい(嬉しい顔)]

しかし、やきぶたくんはもうすでにお星様になってしまって・・・[ぴかぴか(新しい)]
これはありし日のやきぶたくんですが、未だに人を癒し続けるなんて、本当に偉大な動物だと思います。

もう可愛くて可愛くて・・・まるで自分のペットみたいに愛着が湧いてしまいます[かわいい]
「やきぶたパラダイス」さん、ありがとう[黒ハート]

http://blog.livedoor.jp/rodocchi5077/archives/2005-10.html

やきぶた (40).jpg

さくらんぼはむはむ♪ だれにもあげないぷ~

やきぶた (2).jpg

きのこハウスですやすや~

やきぶた (36).jpg

キラ~ン☆お目覚め!!

やきぶた (8).jpg

の~び~~

やきぶた.jpg

オイルを塗ってもらって、つやつやぷ~

やきぶた (2).gif

美味しいものが欲しいのだ♪ぷひっ

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

世界の奇祭!モルモットフェスティバル(泣) [動物]

コスプレするところから始まり、美味しく頂いて終わるというペルーのモルモット祭りです。。[がく~(落胆した顔)]

愛らしいモルモット達が可愛く着飾られていますが、ショックに弱い方は美味しそうにトウモロコシを食べている写真より下はご覧にならないで下さい[もうやだ~(悲しい顔)]


http://karapaia.livedoor.biz/archives/51213769.html
 

ペットとしても可愛らしく、食料にもされ、そして実験動物としても人の役に立つモルモット達。。。
感謝の意味を込めてお祭りをするのでしょうね[ぴかぴか(新しい)][たらーっ(汗)]




nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

おみくじに託されたあおぴよちゃんのメッセージ [動物]

夏休みなので、今日はうちで飼っていたインコの事を書きます。[ドコモ提供]

あおぴよちゃんは、オパーリンブルーのとてもきれいなインコでした。お腹の羽はまるで南国の海みたいな色。

可愛いひなひなちゃんの時から、キピヨちゃんとともに手乗りインコとして育てました。

しぐさが一つ一つ可愛くて見ていて飽きない、まさにエンターティンメント性のあるインコでした。

よく主人のセーターの中にスポンともぐりこみ、じーっと動かないので覗くとガーガーガーと威嚇。私のうちですが何か?的な感じで落ちついちゃってました(笑)

ノリノリの時は、首を振って嬉しそうにダンス♪ 私がウンウンと首を縦に振ると、ついのっちゃって一緒に首を振ってくれるような気のいいインコでした。

あと芸というのか「あおぴよちゃん、バババは?」と言うと羽をその場で高速ではばたかせ見せてくれました。

ノリノリかと思えば、急にギギギと鳴いてヒステリーを起こす事もありました。主人は何かあおぴよちゃんの気にさわるところがあったのかよく咬まれてましたっけ。(笑)といってもカッコの→( )くちばしの跡が付くぐらいです。

おしゃべりはしないといわれる女の子でしたが、おしゃべりの上手いキピヨにつられて「アオピ、アオピ、」と頑張ってました。

何かに熱中すると周りが見えなくなるようで、一日中止まり木をかじり続け、鉛筆の心みたいに細く尖らし、自分で止まっていた止まり木を落として大騒ぎしてました。

気の強いあおぴよでしたが、キピヨちゃんにも気を許し仲良くなり、巣箱を取り付けると卵を産んでお母さんになりました。そして何日も何日も頑張って辛抱強く温めていました。

いつまでも雛が孵らないので調べてみると、途中で成長が止まってしまった卵ばかりでした。

あんなに一生懸命に、やつれボロボロになるまで頑張っていたのに、お母さんになれなくて本当にかわいそうでした。次の年も巣箱を入れたのですがやはり結果は同じ。巣箱はもう入れない事にしました。

インコは湿気に大変弱いようで、それからというもの梅雨の頃になると、決まってあおぴよは具合が悪くなり病院のお世話になっていました。小さい体を獣医さんがぎゅっと握って、羽の内側に抗生物質の注射をされてる様子は見ていられないほどでした。

そして中年期になった頃、ヘルニアを発症。膨らんでいくお腹は動く時も邪魔になり辛そうでした。

手術という選択枝もあったのですが、知らない所でたった一匹で何日も入院、と思うと分切れませんでした。小鳥の場合、その場で亡くなる事も多いと聞かされ、痛い思いをする手術までどうしてもさせたくなかったのです。

でも結局、あおぴよの寿命を延ばせるかも知れないチャンスだったのに、それを放棄した結果となってしまいました。異型すぎるお腹の膨らみは、もう手術でも手遅れとなってしまいました。

最後はとっても苦しかったのに偉かったね、最後まで命ある限り生きようと頑張っていたね。。

今まで遊んでくれて、周りを楽しませてくれて本当にありがとう。。。

頑張っている姿は、生きたいという気持ちの凄まじさ、尊さ、いろいろ、いろいろ命について教えてくれたね。小さいインコとは思えないくらい、とてつもなく大きな存在感だったよ。

あおぴよは子供と私の号泣の中、冷たく硬くなっていきました。目の光が消えていって最後には乾燥して落ちくぼんでしまうまで、まだ生きてるんじゃないか、また動き出すんじゃないかという期待も打ち砕かれました。

2009年1月26日、公園の隅にひっそりと埋められ眠っています。あおぴよへの感謝の気持ちを家族で書いた手紙とともに。。。

春になって公園を通るたび、スズメや小鳥たちが元気に鳴いて飛んでいるのを見ると、あの中にあおぴよちゃんがいて、一緒に楽しく飛んでいるに違いないと思うようになりました。いつもそんな気配があるような気がしました。

そして、出かけた神社で引いたおみくじには、、

「ななされし かごの小鳥の とりどりに たのしみおおき 春ののべかな」

「籠の中にいた小鳥が放されて自由にとび歩く様に苦しみを逃れて楽しみの多い身となる運です・・・」

あおぴよが天国からもう痛くないし苦しくないから大丈夫だよ!悲しまないで!といって得意そうに羽ばたいている様子が目に浮かびました。

これはあおぴよちゃんの天国からのメッセージです。おみくじで小鳥のキーワードが出たのは初めてですし、籠の鳥が放されて、苦しくない、自由に飛び歩いて、などの言葉がおみくじに出ているのです。神様が教えてくれたあおぴよの天国での姿なのです。

最後までこうやって思いやってくれたあおぴよという小鳥を、私たちは永遠に忘れられません。

いつか本当にあおぴよちゃんと天国で遊べる日も来るのかもしれません。[ドコモポイント]

CA0MO5FD.jpg

 


nice!(17)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い