So-net無料ブログ作成

月回帰セカンドシーズン1 ~月と蓄膿症と私~ [プログレス]

平松愛理さんの「部屋とYシャツと私」が浮かんだのでなぞらえてみましたが、全く面白い記事ではないため気になった方だけ読み流して頂ければと思います・苦笑

私は先月、蓄膿症の手術をしました。
ソーラーリターンが起った6月10日に入院、翌日手術と言うタイミングです。
射手座木星、魚座海王星、双子座太陽のT字に加え、午後には乙女座月も加わりグランドクロスを形成。
どこまで行ってしまうの~?と掴みどころのない配置と、p月がn冥王星p冥王星スクエアと言う切羽詰まったコントラスト、さらに家から病院は年月日と凶方位、心配ではありましたが、早く治したい希望を汲んで頂いた日なので、これも因果と腹をくくりました。
幸い、3日前に祐気取りが出来たため、入院中も吉方位のお水を携え飲んでいたのでお守り代わりになりました。
父が化学療法で入院した時も、健康を表す西北のお水を夫と祈願して頂きに上がり、飲み続けてもらった事は安心材料になりました。
自宅から観て凶方位に出向かなければならない場合、方災除けに吉方位の水を持って行くのはおススメです。

そして麻酔からしっかり目覚められるだろうかと言う配置ではあるものの、生まれ変わって元気になりたい!と言うソーラーリターンの再生パワーを信じてまな板の鯉となりました。
これまでの辛い蓄膿症と別れ、スッキリ解放された自分になるために・・。

これまでの手術歴。
1度目は17歳の夏休み、上唇の裏から切開し副鼻腔の中をかき出す方法で、局所麻酔で目隠しをしながら、先生の会話や骨を開ける工程など分かってしまう拷問的な手術、相当なガッツが必要でした。
2度目は34歳、昔の手術から数十年後術後に起こりやすい嚢胞を発症、内視鏡下で鼻の穴から行い、全身麻酔で寝ているうちに終わったので、格段に負担は軽くなりました。
とは言っても、鼻にガーゼを詰めたまま口呼吸で一週間も過ごさなければならなかったので、術後が大変辛く、詰め物を抜く寸前まで、廃人になりそうでした。
3度目は43歳、左の頬の重苦しさが起り左だけ手術。
今回は、左上歯痛が起り、やはり左だけ手術。
CTの所見では、歯の真上の副鼻腔と、蝶形骨洞(目の奥にある脳に近い副鼻腔)に膿が溜まっている事が分かりました。
正常であれば空気によって黒く見えるのですが、膿が溜まっている箇所は灰色に写ります。
蝶形骨洞の突き当りに白い点の様なものが見られ、先生曰くおそらくカビでしょうとの事。
私の鼻は、ついにカビが生えるまでになってしまったのか・・・。

通常、副鼻腔は自然口と言う穴で鼻腔に開放され通気していますが、塞がれてしまうと膿などが排出できず、粘膜が悪化して行きます。
副鼻腔もお風呂と同じ様に上手く換気が出来ないと、カビやら細菌やらの温床になってしまうのです、恐ろしいですね::
鼻腔内の肥大した粘膜はギリギリまで切除してもらったので、いわゆる鼻の通りは良いのですが、奥が詰まった感じだとか、目の奥や頭が痛い事などは数年前からその場しのぎの薬で対処していました。
でも今は辛さを越えて、手術して本当に良かった。
喉に落ちてくる不快な後鼻漏も減り、お医者様にも現代の医療技術にも感謝の毎日です。
塞がった自然口を開放し広げ、自浄作用によって完治を目指す手術が主流の現在、粘膜改善のため薬はしばらく飲み続けますが、この先も快適な状態でメンテナンスして行きたいと思います。

所で、そこでなぜ「月」が結びつくのかと言えば、肉体を表す月がハードアスペクト、その月が6室のカスプ、ルーラーともなれは、煩わしい病気で悩まされてきた人生も納得せざるを得ないからです。
何かに集中している時のエネルギー調節が難しく、自分では夢中で気が付かないうちに疲れを貯め、風邪を引いてしまうパターンが多いのです。
蓄膿症が悪循環を成す気管支アレルギーもあるため、月、双子座の呼吸器官系に対して、多大なるストレスと苦痛をかける配置を持っております。

蓄膿症との思ひ出・・・。
小1の頃、町医者の耳鼻科外来で、いきなり膿出し処置?をされる。
何をされるか知らされないまま鼻腔から直に穴を開けられ、痛さと恐怖のあまり、止めて下さい!と泣いて抵抗したのを覚えていますが、それから膿盆(ソラマメ型のトレイ)はトラウマです。
根本治療になる訳でもないのに、現代では考えられない所業です。鬼です。
その後も治療していましたが(別の医院で!)、鼻詰まりにとても悩まされました。
14歳の時、鼻茸(ポリープ)を取ったのは焼け石に水。
大人にならなければ手術が出来ないと言う常識だったので、17歳の満を持して、耳鼻科で有名な当時A葉原にあったK病院で根本手術してもらい、長年の苦しみからついに解放されました。
さらにその一月後には、鼻の通りを良くする手術もしてもらい、頭も心も体も~と言う位にスッキリしました。
「拷問の様な」と前述しましたが、どんなに痛くても治したいという一心であれば、大抵の患者さんは前向きなガッツを発揮して耐えられると思います。
ちなみにk病院は、80年代の終わりK田A町へ移りましたが、その後も、3代目院長先生に扁桃腺の手術を、前回と今回は4代目院長先生にお世話になるなど、嬉しくない三代のご縁が続いていますが、辛い→スッキリ再生、を繰り返すのも冥王星っぽくて、アレルギー性鼻炎も併発している自分は、今後も油断せず付き合って行かなければと思っています。

月回帰は考えさせられる事が多く、長くなってしまったので記事を分割します。


蓄膿症のベテランな記事で申し訳ないので、今年の綺麗なの花巡りの写真です。
IMG_20190503_135825.jpg

玉敷神社の藤棚
温暖化のせいか藤まつり開催前に見頃が終えてしまい少し色あせています。


IMG_20190511_143150.jpg

与野公園の薔薇
藤まつりの事があったので、今度は薔薇まつり前に撮った写真。
蕾も多くあり、こちらは少し早いタイミング。


IMG_20190511_143623.jpg

アロマテラピーと言う品種
香りが一番強いと言われている薔薇で、名前通りのアロマそのものです。


IMG_20190625_094503.jpg

走水神社の紫陽花
梅雨で曇りがちの中、紫陽花の色だけが鮮やかに賑わっていました。



nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:占い

令和時代の冥王星 [天体]

令和になり、平成を振り返る番組を見るにつけ、人々の価値観や行動様式の変化が半端なかったなあと感慨深くなりました。
かつて新人類と呼ばれた80年代の若者も、今では時代の進み方が早過ぎと感じる旧人類。
生まれた時からpcがあった世代とは、進化に遠隔の差を感じます。
平成の30年間は、人々の感性や価値観が激変した時代とも言え、冥王星の動きと連動していたようです。

昭和の雰囲気を色濃く残す平成初期、会社や家族などには小集団的な連帯感があったと思いますが、冥王星は蠍座にありました。
そして、1995年から射手座へ、2008年には山羊座へと移動して行きました。
記憶に新しい方もいるかと思いますが、1995年はウインドウズ95が発売されpcが爆発的に普及した年、まさに冥王星射手座時代の幕開けです。
世界の情報もリアルタイムで好きなようにキャッチできる、今ここでない場所も身近に感じる事ができる、距離にも空間にも縛られない時代になりました。
新しい情報が次々流れてくるので、選択の自由度が増し、これまでの蠍座的なしがらみや閉塞感は一気に打ち破られて行きました。
しかし弊害としては、精神的な拠り所、生き方の統一感は得られにくくなっていったのではないかと思います。
さらに楽観的な風潮が不動産バブルを産み、やがて弾け、リーマンショックによって世界経済が破綻した冥王星山羊座時代へと突入。
守護星木星から土星へと、一気にリアルな感覚に引き戻され、私達の生活は激しい落差に打ちのめされて行きました。

山羊座のシンボルである山羊はのんびりと草原にいるイメージですが、本来は高い所が大好き、自然の山の上に好んで暮らしています。
荒涼とした場所でも生きて行ける生命力の強さ、断崖絶壁も昇ったり下りたりするなど、脅威の能力を身に付けています。
平坦な場所の方が楽なのに、なぜ?と思いますが、天敵を避けるためなのだそうです。
生き延びるサバイバル術として、危険な岩場でも確実に歩を進め、頂上に登ってしまう所は山羊座と同じです。
しかし、一番安心できる山のてっぺんは限られたポイント。
冥王星山羊座入りから、競争社会のシビアさが露わになってきました。
労働者の生活や事情を無視した企業形態など、強いものが弱いものを搾取する仕組みが露骨になり、富める者がますます私腹を肥やすなど、不平等極まりない格差社会になってしまいました。
さらに生き方や選択の自由がある分、何があっても自己責任とされ、一旦しくじると使い捨てられてしまう様な厳しい世の中。
これは牡羊座にあった天王星との90度でさらに激化していたと思います。
しかし、あと4年で冥王星が水瓶座時代がやって来ます。
冥王星によって行き着くところまで行った不条理な社会に、反旗を翻す時代がやって来るのではないかと期待が高まります。

水瓶座冥王星は、組織に頼らなくても個々の持ち味を活かして生きて行ける、そんな生き方の模索をさせるでしょう。
牡牛座と蠍座は、冥王星によってスクエアを受けるので、物質の価値や金銭の獲得方法が多様化したり、継承においても血筋にこだわらなくなったり、国籍、宗教などの隔たりがますます薄くなり、昔ながらの伝統的な日本人というのが少なくなって行くと思います。
さらに、虎の威を借りるように権力で人を抑え付ける人は時代遅れとなり、集団を牽引するリーダーは対話型へと進化、個人の能力や主義が尊重され、フラットな横の連携や、自由なネットワークが重要になって行くでしょう。
ストレートに冥王星のエネルギーを受ける獅子座も際立ちますので、自分の好きな事をして命を輝かそうとする人が増えて行くに違いありません。
将来の心配をするより、今、この瞬間の充実を大切に思う方へとシフトすると思います。

今もパワハラ問題など、弱い立場の人が強い立場の人に圧力をかけられ犠牲になっているニュースを見聞きしますが、行き過ぎた縦社会によって、個人が抵抗できなくなっている図です。
しかし告発によって世間の支持を得て、逆転劇が起きるなど、胸のすくような事も起きています。
一昔前では、上の人間に都合が悪ければもみ消されたり、泣き寝入りする事が多かったと思います。
冥王星水瓶座時代では、不平等を許さない風潮がますます高まって行くでしょう。
数多く目に触れる事象は、それを際立たせ、反発の力を溜めるため。
弦を引く力が強ければ強い程、反発した時の爆発力が強くなります。
大きな飛躍や変化の前の、問題や苦しみを経て、ようやく新しい時代を展開させようとするのではないでしょうか。

さらに、牡羊座海王星、双子座天王星とともに小三角を形成して行くので、良い意味が倍増します。
水瓶座はどこにも根差したりせず、地上から少し浮いて俯瞰しているような視点を持たせますが、精神的なゆとりを持った人達が、これからスタンダードになって行く予感がします。
それは、自由がない社会は恥、差別や偏見は醜悪という認識が定着するから。
それぞれの違いは個性として尊重され、どんな人でも自由で平等の中に生きられるという確信が広がるから。
そんな信頼感によって生まれるゆとりに違いありません。

スピリチュアル的に、惑星レベルで地球の人々の意識が次元上昇する事は、宇宙の意思の決定事項なのだそうです。
そう遠くない未来、人々の意識が上がって、地上は天国のようになるのだそうです。
それがいつかは全く分かりませんが、トランスサタニアンの小三角はまさにスピリチュアル元年、人間の内なる神など、精神性を重視して行く流れの一歩となるのでは、と思っています。



DSCN0708.JPG




nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:占い

t冥王星が12室へ [ハウス]

太陽系と銀河系の狭間で橋渡しをし、因果応報などスピリチュアルな宇宙の法則を現実世界にもたらす冥王星。
3次元空間の境界外で、時間や空間の概念がない、ふわふわと漂うような12室。
そんな12室にt冥王星が入り、個人天体とアスペクトを次々結び始めた事で、強制的にそちらの世界へ興味が引っ張られてゆく思いがしています。
霊的なものを見たり聞いたりできる能力は一切ありませんが、自分史上、究極にスピリチュアルを追求したい思いがしています。
※以下、スピリチュアルが嫌いな方は読まずにスルー下さい^^

一口にスピリチュアルと言っても紛い物もあり玉石混交、認識には幅があると思いますが、私はやはり、現実世界を生きるための励みとなり、魂の指針となるシルバーバーチの文章を読んで、心が洗われる思いがしています。
本物のスピリチュアリズムは、願いを叶える魔法の杖でもなんでもなく、むしろ真摯に人生と向き合い、魂を成長させるための手引書。
形を永遠に留めない、物質世界での移ろい行く時の流れとは残酷なものですが、劣化する肉体や人との別れなど、辛い出来事に対して、力強く乗り越えるための知恵。
同時に、前向きに明るく生きるための道標なのではないかと思っています。

4次元から上の世界で暮らしている不滅の魂達は、霊的な進化を目指し地球に生まれてくるのだそうです。
想念の世界であるあの世では、願っただけで叶ってしまう、欲しいものは簡単に手に入ってしまう、肉体がないため疲れる事もないし、人々は好きな事をしたり、利他的な生き方をしながら、平和に暮らしているのだそうです。
(大方の魂はこのような暮らしをするようですが、質が同じ魂で引き寄せ合うので、ケンカばかりの世界もあり、これを地獄と呼ぶのでこの限りでは無いようです)

そんな毎日に退屈し、嫌気がさして、スリリングな物質界(地球)に生まれてきたのが私達、地球人。
ホテルの様な暮らしも何か月もすれば、飽きてくるのと一緒です。
この世は物質を扱わなくてはならないので負荷が多く、不自由極まりない世界。
様々な質の魂が混在し、ぶつかり合い、傷付け合い、そして励まし合い、助け合い、効率良く魂を磨く事が出来る世界。
その気になればいくらでも学ぶことが出来る、切磋琢磨できる修練所なのです。
しかし肉体には耐用年数もあるし、しんどくなるし、病気などによって強制退場もさせられる事もある期限付きの学びです。

生まれてくる目的は、魂の鍛錬や成長、カルマ解消はもちろんの事、持てる才能や能力によって人の役に立ちたいなど、必ず使命を持って生まれてくるのだそうです。
その中でも、やはり奉仕的に生きる事、利他的な考え方をする事が、進化を目指す魂の本質に適っているので、そういった生き方をすると何か気持ち良いと感じるのは、魂が喜んでいるためです。
かといって物質界でそのような生き方をするのは、なかなか高度な事ですが、一気に魂の質を上げようなど気張らなくても大丈夫。
大切なのは、純粋に思って行う事だと思います。
1回の人生の魂の成長は、おそらく微々たるもので、私達は10万回位輪廻転生するらしいので、どんな人生でも無事に生き抜く事ができれば、まずは合格点みたいです。
もちろん一つの魂ではなく、あの世に戻った時、類魂と経験を分かち合うので、その位の回数になるのであろうと。
どんな境遇に置かれても、いかに生かされた素材で楽しく充実した人生を送れるか、明るいマインドを持ち続けられるか、その工夫や発想の転換をする事が大事なのだと思います。

ここまで書いてきてなんですが、私は頭ごなしに何かを信じると言う事をしないタイプですが、スピリチュアルの様な確かめようがない世界でも、世の中に起こる不条理は、霊的な魂の存在や法則がある前提で考えると腑に落とす事ができるため信じています。

例えば何の罪もない人が、大きな事件や事故に巻き込まれ命を落としてしまったり、一方、悪事を働き、人の犠牲の上に胡坐をかいて、のうのうと生き続けている人がいたり。
生まれた家で大変な苦労をする人、何不自由なく、心身満たされて育つ人。
様々な人生がこの世にはありますが、人生における不平等や不条理な運命は、単なる偶然でしょうか。
これが、くじの当たり外れみたいな意味のないものだとしたら、当事者を始め、誰も納得出来るものではありません。
懸命に生きる人の気持ちや運命が、あまりにも愚弄されているのではないかと思えます。

気を失う位、遠い宇宙の巨大な星々は、それぞれ決まった軌道を決まった速さで回転し続けているマクロの世界。
誕生から消滅まで身体の細胞達は、自動的に働き制御されている、そのミクロの世界。
この脅威のシステムは、宇宙そのものの摂理。
人知を超えたバランスが働いているからこそ、オートマチックに働き、調和し、システムを保っているのだと思います。
そこで人の命や運命にももちろん、バランスや摂理が働いていると考える方が自然なのではないかと思えます。

魂は不滅であるなど、実証できない考え方は、現代科学が前進した一昔前では古いと言われてきました。
けれども物質に頼り過ぎた社会だからこそ、心の時代、見えない世界の事は再度評価され、受け入れて行く人々も増え始めているのではないかと思います。

さらに、時代が進むにつれ、使いこなす事が不可能と言われているトランスサタニアンの位置付けが、徐々に身近になっている様に感じます。
天王星は電気を司りますが、地球人は普通に使用し、長寿国では男女合わせた平均寿命も公転周期を越えました。
不特定多数の人が使ってるインターネットは、瞬時に時空や国境を越え、多くの人やモノを繋げてくれます。
時を遡った昔の映像を見る事も出来るし、空間を越えた人々の考えを交換し、経験を知る事で、分かち合って学び合っている、まるで自他の境界線のない、海王星の様です。
人類の進歩も、霊的な進化も、伝播して広めてくれる海王星なくしてあり得ないのかも知れません。
スピリチュアルリズムは大変奥が深く、私などほんの初心者ですが、これからも知識を深めたいです。
シルバーバーチの公式サイトも、文章量が膨大で全て読み終える気がしませんが、少しずつ読んでみようと思います。

12室t冥王星や、n太陽とt海王星のスクエアなど、天体の影響はもちろんの事、何より50代半ばになって、順番から言えばこの先の両親と義母を始め、伯父(叔父)や伯母(叔母)など、世話になった親戚達も高齢になり、見送る立場を想像すると辛いなあと感じ始めた事で、あの世の事などもっと知りたいと思う様になりました。
12室t冥王星は、n太陽との150度から始まり、これから10年以上かけてn火星からn水星、n月と、それぞれ120度を作って行くので、世代交代の役目をエネルギッシュに果たす、強い懐刀となってくれるのではないかと思っています。

若い人達は、これから先の未来でやりたい事が出来、希望に溢れている。
一方、高齢者達は、これから先の未来と言えば、あの世で若返って希望を叶えるしかないのかもと。
生まれてくる人達より、亡くなる人の数の方が多い日本。
未来に繋げる若い人達の活躍を眺めているのも良いけれど、それだけでは高齢者には夢がない様な気がして、積極的に広がりのあるスピリチュアルな考えを持って欲しいと思っています。
誰でもこの世からさよならするわけですが、それは魂が旅を終え、無事に故郷に帰って行く様なもの。
魂は生き続け、美しい世界で日常を送り、肉体の心配から解放されて、幸せに暮らす事が出来るとか、癒しをくれる考え方です。
私も、いつかあの世へ行くと思いますが、それまで精いっぱい自分らしく生きて、その時が来たら楽しみにしようと思っています。





最近、作業用BGMにしていますが、心落ち着きます。
どこの国のアニメーションでいつ作られたものなのか、不明なのが非日常感のいい味出してます。




nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:占い